BSV_世界統一通貨と2045年の未来社会

English, Spanish, Chinese, Arabic, French, Russian, German, Japanese.
世間の認知度はまだ皆無に等しいが、情報通の金融SNSだけが大騒ぎしている銘柄。
BSVを知るための初心者向けページです。専門用語は使いません。 
これは近未来(今後10年で)起こる変化なので今と違います。真剣に凝視して下さい
 

今世紀No,1銘柄=BSV。
BSVの一体なにが凄いのか?

・世界中のインターネットを丸ごと、安全なBSVの中に移す世界計画です。
・物がネット接続IoTも人工知能AIも実は、BSV一箇所に繋ぐための補助機能。
BSVのblockchainに社会の全データを記録する。書類も音声も映像も。
・データを一元管理して、お金も一元管理するのがBSVです。
ドル、円、ユーロも廃止して世界77億人が共通で使う、統一通貨にする予定。
Blockchainは無人化技術だから、仲介役や仲介会社が消えます。
無人化技術Blockchainで広告仲介:Googleも電通も倒産→ 報道が改善。
無人化技術Blockchainで人材仲介:竹中氏のパソナも倒産→ 給与も改善。
無人化技術Blockchainで公務員・官僚・政治家をほぼ皆無に減らします。
(実際にblockchain活用で人数最小限の政府は、現在エストニアで実験中です。) 
Blockchainは改竄不可能だから人の手で書き換え出来ない正確な記録です
国民は平気だが、犯罪者が困る。汚職とワイロの政治家と官僚が困る。
人生も永久記録だから犯罪は激減。金銭サギはもう無理。脱税も死語になる。
・お金が渡った経路は、我々の死後も(未来永劫)BSVに記録され続ける。
家庭内で親が、自分の子供に渡した小遣いすらBSVに記録される。
  
簡単に言えば、記録簿つきの通貨です。ネットに記録されるネット通貨がBSV。
店舗もネット販売も、世界中の買い物をBSV一種類で支払うから自動的に記録
edyやsuicaの様に簡単でスマホとスマホをかざせば1秒で決済。実演した動画
BSV発明者は法律博士で、2019年6月時点120カ国の法律に沿った即戦力です。
つまり、
BSVの中にインターネットが丸ごと引っ越すだけでなく、お金も引っ越します。現実社会の帳簿も契約書もレシートも家計簿も引っ越し。PCからHDDが消え、世界中からデータも消え、77億人が世界統一サーバーBSVでデータを見る様になるのが2045年です。あなたの手に埋め込んだICチップと血流でしかPCもスマホも反応しないので、あなた以外は見れません。パスワードすら不要でスイスイ操作。
今は個人や会社や行政機関が持っている、あらゆるデータも、あらゆる売買も、政府の記録も、個人の記録も、生前に行動した履歴までBSVに記録される人類の転換期が間もなく、2030年の世界的キャッシュレスから~2045年で完結する予定です。

=概要=
正式名:Bitcoin Satoshi Vision (BSV)
開発・運営企業:TAAL社(カナダ、上場企業)
同社の公式ニュース:CoinGeek 
同社の開発チーム:nChain
Bitcoinの発明者:Craig Steven Wright博士(公称:サトシ・ナカモト)
BSVリリース日:2018.11.15~
今のBitcoinはアメリカ金融組織に奪われて、何の機能もないギャンブルになった。発明者の理想とは全然違う悪用なので絶縁。「サトシの理想」通りにつくり直したのがBSVです。
特許はもちろん著作権もライト博士が持っているので「今後Bitcoinと名乗るな」と言えば、今のBitcoinは明日消えます。
 
とてつもないスケールで地球規模。商売や事業とも呼べず、国家プロジェクトも遥かに凌ぐスケールです。GoogleでもMicrosoftでも手を出さない。怖くて誰も手が出せない規模でも実現できているのはBSV陣営が、管理人不要のBlockchainの専門家だからです。
たった50人の少人数でつくって漁業用を終えたら林業→ 農業用→ 小売店用→ 問屋用→ 市役所用→ 政府の記録簿と次々つくって、あとはポイッと放置していい。
完成した後は、管理人がいらくなる自動記録がBlockchainです。今はBlockchainだけを実験中のエストニア政府がIoTで機械とBSVをつなげて自動記録にした2045年には、
国民1億人に対して、政府(公務員)は100人で国家を統治できる試算でいます。
つまり、人件費削減とかのレベルでは済まず、金融や経理など、
決済に関わる労働者は地球規模でゼロです。
データに関与する労働者もゼロの近似値で済むレベルの無人化技術です。

  
この「データ付き通貨」はデビュー1年未満で利用が拡大中です。日本だけが遅れていてEUや南米諸国、アフリカ諸国ではBSV決済の店舗が増えています。
皆さんが今真っ先に見ておくべきは、この動画でしょう。実演した動画。edyやsuicaのようにアプリをDLするだけ。スマホとスマホをかざせば1秒で支払い終了です。従来の電子マネーと違って、個人対個人でも払えます。つまり、まもなく銀行も消えるのです。
 
BSVの登場で真っ先に倒産するのが広告仲介業のGoogleや電通です。たった0.33円で広告を仲介するのがBSVだから会社は勝てません。さらに管理人0、検閲官0だから、
 政府に発言規制されないSNS」まで全メニューがそろっています。
何でも無人化するBSVの登場で、日本のSNSも改善、ニュースも改善します。
※さらに詳しいBlockchainの理解はこちら。「簡単・最短・1枚でわかるBlockchain
  

BSVの登場でSNSの有料化が簡単になりました。
このページに関しては著作権はNBBが所有します。転載NG、リンクによる紹介のみ。
English, Spanish, Chinese, Arabic, French, Russian, German, Japanese.

目からウロコが落ちる
目からウロコが落ちる

wwbbアンテナブログ NBB>テーマ:金融
▼人類の転換期、BSVワールドが始まる。
└「BSV。初心者向け解説」 (8ヶ国語版
└「無人仲介BtoC=SNS投稿で稼げる」BSVが電通もGoogleも、捏造Newsも改善
└「無人仲介BtoB=BSVのビジネス機能
└「無人仲介BtoG=BSVは公務員・政治家・政府を倒す」(執筆中)
└「無人仲介BtoP=開発者向け/国内保有者400人/ 30年前の暗号
└「BSVはLibra(Facebook)に勝てる」 (8ヶ国語版
└ BSVの機能解説なら日本でツートップ@shu_BSVさん、@kenshishidoさん
└「BSVの買い時予報」2019年は百発百中!
└「2020年、BSV伝説が開幕」 

▼投資に警告
└ 日本人向け「投資はAI対人間だから99.9%損します
└ 8ヶ国語版「Everyone loses 99.9% on investment
└ 「99.9%損する投資を勧めた悪質メディアの社名
└ 「世界金融の崩壊プロセスを記録
└ 「Global企業を倒産させて、その株主=世界支配層も倒す方法」←日米FTA対策。
年金破綻騒動で2019年6月、年金老人に99%損する投資を勧めた殺人政府に、私から反撃で5ページ。日本のニュースは投資一色に染まっていたが、
TV局と新聞社のTwitterに貼り付けて(7月で)黙らせてやった。
金融のインチキを徹底的にあばいて、客が激減(9月)。投資家を=政府の客を絶滅寸前まで減らしてやった。
おまけにグローバル企業を潰す方法も、ひらめいた。

金融600年の歴史で一番迷惑な存在=金融界の最悪の敵が私です。
ページのタイトルとは正反対で、投資は一切勧めていません。政治のページです。
投資を完全否定する私でも、BSVだけは「今世紀No,1」としか表現できません。ただし基軸通貨がBTCの今は、BSVだけが高騰しようと結局はマイナスに落とされます。
ビットコインは99.9%損する。イカサマ手口を解明
むしろTAAL社の株の方が簡単でしょう。私は株を買った経験が無いので、カナダの株を日本で買えるのかは知りません。
投資を否定する立場でもBSVは個人や企業の支払いだけでなく、金融市場も丸ごとBSVに記録するから今後は金融でインチキが出来なくなります。そもそも無人化技術だから、マーケットで犯罪を行う人間を排除するのがBSVです。投資もBitcoinも否定しますが、金融犯罪を無くすBSVに限っては応援しています。 
私は山本太郎ブームの危機感を察知して一時的に政治SNSに戻りましたが、7月選挙の前までは金融SNSにいました。BSVが誕生する半年前から今日までを見届けています。

  
________後日追加。
今の主役BitcoinにとってBSVは脅威。憎っくき邪魔者です。予想していた事ですが、このページにBitcoinファンからの誹謗中傷が多いですね。自己紹介が必要。

(名前は記載なし。目的は単に)誤解予防名刺。あなたの誤解を先回りして完封するため。   

単に企業経営者ですがSNSでも日本一で済まず、私NBBは=政治ブログJCJKです。私の記事1枚のFBシェアは3万~4万人。世界の有名な政治評論家より100倍です。世界で有名な首相より私は10倍。他国の政治家より知名度が無いのに数字が10倍と言うことは、内容では政治家と桁違い。品質=実力で勝負すれば100倍か1000倍の差を意味する。
操り人形の役者に過ぎないトランプや習近平の発言より実力上位が語る政治です。
JCJK時代に調べた政治の裏側の「極秘計画」と、進行予定だった「年表」までが、今のBSVの進捗ペースと完全一致しています。

NISHIチームの優秀さが標準でなく、やはり存在している投資ギャンブラーの視点。
「数十年先まで」見通す経営者の先見性と、
「目の前の銭」しか見えないギャンブラーでは、視点が正反対なのは当然です。
政治を知らない人がこれを見ればBSVの未来社会も、このページも荒唐無稽と笑うでしょう。政治SNSから来た読者なら、過去に知ったバラバラ情報がこの1枚で繋がったはず。
「やっと分かった!このページで謎が解けた!」
世界で誰も見破れなかったカルデラ計画を見破った、77億人分の1人です。
未来を見破る犯罪プロファイラーから、皆にもう一つ「未来のヒント」を与えましょう。Blockchainに人工知能を繋ぐだけで、無人の会社が出来る。それと同様に、
「このBSVに人工知能を乗せるだけで、世界統一政府の完成でしょ?」 
「5億人を500人で統治する方法って、今まで何だと思ってたの?」
近く無価値になるBTCを握りしめているファンは、私に攻撃でなく感謝。
マスコミが大騒ぎする前に、教えてくれた「高感度なアンテナ」に本来なら感謝すべきだよ。

社会学:SNSは賢者ゼロ。いるなら無言のROM賢者。
参照ページ「ネットやSNSに賢者はゼロ

=アンチ1%は不変=
旧式Bitcoin(世界支配層)と戦っているWright博士が、本物でも茶番でも関係ない。
近く日本が破綻して100万円が1万円の価値に暴落する時でも、「反対だ!全国民でBSVを拒否しよう。皆で2ケタ損しよう」とか言えますか?皆それ聞くと思う?
私は現実的です。今後も一貫してアンチ1%=NWOもTPPも強奪主義も反対ですが、Wright博士の運営と特許のままならBSVは賛成です。
一切信じられない日本の支配者(日銀や政府)がデジタル通貨なら私も反対だし、日銀デジタルなら目的は貯金没収=大慌てで日本から逃げます。誰がやるか次第です。
日銀に反対するのは正解です。
BSVに反対する人は「KYだ。無駄骨で終わるだけ」と忠告します。誰も2ケタなんて損したくない。むしろ今は最悪の政治で国民が絶望してる中、中央集権をなくすBSVは(一筋の光明どろこか)一発で市民が大逆転できる必殺技です。私は今後の政治にワクワクしてるほど。とは言え気を抜かず、実現する前は一切あてにせず、今やるべき事をやるだけです。
 
=BSVホルダー専用ページ=
金融SNSの誰がBSV/日本中の誰がBSVを絶賛するよりも、
政治の未来を知る元JCJKが「投資どころか世界政治の結末としてBSV」を追跡してる姿が、確信する強烈な決め手になったはず。政治評論家でこっちも(暗号通貨5,000種類の機能)にも詳しい人なんて、世界中を探しても2人目はいません。
アナログ政治評論家は今回も、未来を見破れずに脱線。また私一人に惨敗です。
  見ても無駄なモノばかり見てて評論家はコントですね。格闘家は急所を見逃さない。

このページは金融SNSの仲間のために書きました。政治SNSに見つかるのが一番心配。本来やるべき事をやらず=解決する気はなく中学生の批判。小学生の文句ばかり(7年間も)続けている政治SNSに朗報を見せるのは目の毒です。JCJKに頼る=BSVに頼る子供たち(政治SNS)は、知ればもっとルーズになるでしょう。

   
=中央から権力を奪う技術=
BSV誕生の発端はリーマンショック時。各国政府の無秩序な印刷で紙幣価値が薄れる一方。通貨発行権を政府から奪って、市民が牛耳る発想から始まった。リーダーや社長が存在せず、多数PCが共同で作業するBlockchainとは無人決済、無人記録、無人レジ、無人銀行です。通貨の管理に限らず、この無人仲介の機能を利用して、
「管理人をなくそう=人間が関与できない安全な決済」→「管理する会社もなくそう」→「中央集権をなくそう」と言う方針を具現化した技術です。

つまりBSVは、(政治SNSさえ見てなければ)政府から、国民を救う役目なのです。
カルデラと核ゴミ場の結末になる1国を除いて、世界200国の政治をBSVが改善するのが「政治の次の台本」です。他国は今後、政治がガラリと良くなりますよ。
   
本物IDの(水)さんも同じ意見 「中央集権は危険だが、分散型なら希望がある」
鈴木博信氏「政府の文書破棄や改ざんを防ぐには、 分散型の電子記録」 
George Gilder著書「グーグルが消える日~Blockchainの登場でBigDataは滅びる」
Gilder氏も政治の台本を知っているね=「今後は政府が弱体化して国民が強くなる」
 
長年私が待ちに待っていた言葉を、やっとマスコミも報道した。
2020.2.16、これは報道の歴史に残るほどのセリフです。
米国IDC 「Blockchainで各国政府の不正を減らして、行政を改善する。国民との新しい関係を構築する政府向けツールと見なす。