BSV surpasses banks 1000 times


執筆中。まだ未完成のページです。
データ収集して蓄積後に公開します。
軽く無視して下さい
 
 
 
=送金能力=
SWIFT(銀行と銀行の国際送金2日~4日かかる
BTC>BTC…件/秒 ←(1秒で7人が限界)。手数料87円2019年平均。
BTC>ETH…15件/秒 ←(1秒で15人が限界)2018.7.20時点
BTC>XRP…200件/秒=実測。自称1,500件/秒、2019.6.18時点
クレジットカードVISA等1,500~2,000件/秒、 2019年の平均使用量。
BTC>EOS…3,000件/秒、2018.7.20 
BTC>BSV…14,000件/秒。手数料0.11円2019年平均。2019.7.24時点。
※世界中のすべての決済を処理するには5万件/秒で足りるのに、BSVは近く数百万件/秒に拡張予定。10年後の目標は30億件/秒で、VISAカードの46,000倍に到達する
 
=SWIFTの限界=
出展「CoinPost>XRP Meetup」「CoinDesk」「CoinTelegraph」。
着金:2〜3日後。手数料:2,000円前後だが4,000円以上の場合も。
2020年中に30分以内が目標。例え速度だけ速めても現金の外貨をバケツ・リレーは無理だからツケ扱いが宿命になる。SWIFTがXRP経由のテストで5秒~7秒。JPモルガンの「IIN」も即時だが現金リレーは宿命。結局はCashless化するまで、現金の送金問題は解決しない。
 
 =BSVの機能=
* DrivePay…BSVが銀行を助けるために開発。銀行がSWIFTのままBSVに相乗りできる。
* RelayX…米ドルと同額に固定されているBSVの子供コイン。
* ZweiCoin…日本円と同額に固定されているBSVの子供コイン。 
* Tokenizedで、どの政府でも自国通貨を簡単生成。今やってる世界中の議論は無駄。  
 
=BSのTokenized= 
Blockchainの商用機能はすべて網羅したプラットフォーム。 
金融商品や株、債権、果てはクーポンや映画チケット、航空券まで低コストで実現。 
銀行用SWIFT、証券用FIXに代わるツールが清算。費用は0.01ドル / txn以下。 
MoE…国家間の貿易を円滑化させるツール。
 
=暗号口座を持つ優位性=
1、Google二次認証つきだから銀行口座より安全。さらに出金前に確認メールも届く。
2、振込み手数料が0の近似値。だからSNSで投げ銭が成り立つ。銀行の手数料は500円とかネット銀行でも150円。 暗号通貨は1~3%の幅だがBSVが最安で平均0.11円です。
3、国際送金なら天と地。銀行で国際送金すると手数料は8%~15%(相手国次第)。BSVなら国際送金でも平均0.11円です。(これはBTCの900分の1) 
※機能も安さもBSVで間違いないから日本で口座開設する前から、先にFloatSVに登録して「BSV用の財布ID」を決めれば今すぐSNS有料化できます。入金は即スタートだけど、出金する前までKYC(パスポートで本人確認)は必要です。 
4、外貨両替え手数料も0の近似値です。現金で外貨に両替えは手数料2~3%に加えて為替手数料とか。EVXなら自分のスマホ内で外貨両替ができる。近くBSVも実装予想。
5、何よりこれが最大のメリット!国家破綻と無関係です
日本破綻の際に暗号通貨3,000種類どれでも避難先に抜群。日本が破綻してドル円が2桁安くなって(100万円が1万円の価値に落ちても)暗号通貨は平気です。どの国が滅びようと、どの国にも属してない暗号通貨は涼しい顔でいられます。BTC3,000種類とGlodは、国家破綻でもケタが落ちません。 
 
=市場予想= 
英調査会社Juniper Research「Blockchain活用した取引は2019年の1710億ドル(約18.6兆円)から、2024年は4.4兆ドル(約480兆円)になる予想。」 
 
 

 
 
まだ執筆途中。
データを充実させて完成し次第お知らせします
 
銀行だけでなく、「BSVで電通もGoogleも倒産だ→ 日本のニュースが改善!