BTCは過去10年史で今が最強

前年-80%も大暴落した後だから誰もBTCを信じなくなり新規客が増えない。 2019年は相場が異常だった。賑わいも歓声もないままBTCは一人芝居で高騰した。
新規不在でも上昇理由はちゃんとあった。むしろ一般客は流動的で出入りが激しい。暴落した原因は一般客です。「BTCは暴落が怖い」と言う世間の評判も誤解で、その悪評は自ら招いていた。大暴落したのは個人客が9割を占めた(2017年と2018年の場合)であり、
個人客不在の2019年なら、BTCは安定的に上昇している。、  

* Google検索数でも2017年比で、今はわずか10%
* BKCM社CEO「新規アドレスの増加が見られない」
* アプリDL数も、2017年+145%、2018年+180%、2019年は+1%
* 今年 1月~3月のBTC現物の75%が機関投資家
* 今年前半のBTC信託も73%が機関投資家、(応募制限だが個人)は1%だけ。
* 今年6月のBTC先物でも「個人19%:プロ81%」の比率。
つまり今年のBTC客は、「一般客18%:プロ82%」の比率です。

一般客は出入り自由だからいつ辞めてもいい。個人は気まぐれ。いつBTCから去っても自由。(2017年と2018年の大暴落)。対するプロは絶対業務だから退場しない。
後発記事だがBSFOXも私に同調=「皆の興奮による高騰は個人の気まぐれだから一時的に過ぎないと歴史が証明している」。
今年のプロ向け投資の実績も、金銀+9%、S&P+7.6%、米国債+27%、BTC+318%。

NBB持論(1)
BTCの暴落が怖いのは乗客が素人だった場合。乗客がプロなら”一人も”退場しないから安定。報道で一喜一憂したりせず一度決まったトレンドも固定。 方向が揺るがない。
BTCチャートは安定している。暴落は、素人の多さ次第です。
これは持論でなく、業界の定説にすべきでしょう。BTCを暴落させる犯人は素人客です。
今年は個人が18%だから「上がった後は暴落が怖い」と心配する必要は無いのです。

NBB持論(その2)。
BTCは今、過去10年の歴史で最強のファンダの中にいる。
今年、素人客が不在のままBTCが高騰しているのは「 プロの絶対条件 」だからです。

(絶対) 取引量の82%がプロ。途中で抜ける素人は、わずか18%。
(絶対) 去年大暴落で皆が手放し売る人もいない。今年買った18%も売るのは9%か?
(絶対) さらに今も、プロ需要が2倍~3倍に拡大中。 Genesis Trading社調べ。
(絶対)テザー大量発行の( 絶対条件で )高騰している。
(絶対) 新興国が破綻危機から流入して、USDTを買っている。
(絶対) 高インフレ国… 紙幣価値が1週間で半減だから、USDTに逃げ込むのも当然
(絶対) 切迫してない中国人も人民元安からUSDT買い(テザーの6割が中国人だった) 。
(絶対) 他国移住で中国と香港の富裕層も、財産をBTCに移動した。
(絶対)FATF規制の発動(2020年6月)前に、世界中のマネロン資金が駆け込み。
(絶対)FATF規制の発動(2020年6月)前に、世界中のテロ資金も駆け込み。
(絶対)FATF(本人確認)の前に個人も資産を大移動。偽名で買う最後のチャンス。
(絶対) 金融市場が軒並み暴落して、今やGOLDとBTCだけが独走中。
(絶対) 市場が暴落したら「GOLDかBTC」と、世界の常識が固まった。もう揺るがない。
(任意だが) 避難して遊んだままの現金を、投資家が突っ込む先はBTCかGOLD。
      ※(市場以外)店頭販売だけでも
BTC購入は一日53億円ペースです。
(絶対) 紙幣印刷。(紙幣価値が薄まり、BTCの価値が高まる)
(絶対) 低金利

ファンダの効果も日頃のハードフォークとか提携とはケタ違い。国家レベルの規模ですよ。 amazonやMSと提携した効果が+5なら、今回は+50か+100の効果でしょう。
さらに絶対条件です。 もう一回この13項目を見て下さい。
13項目中、簡単に無くなる項目はある?
13項目中、簡単に変更できる項目なんて、ありますか?
(無理してあげれば人民元安が高くなる?)以外の12項目は完全固定。絶対条件です。
今後も不変。
最短のマネロンでも1年は続く。他の項目は、今後「数年先まで」続く項目ばかり。
つまりBTCは、過去10年の歴史の中で最強ファンダの中に(今)いるのです。

=アナリストに助言=
金融アナリストが普段言う高騰理由を語るよりも、私の13項目の方が説得力が高く、皆もあなたの言葉を信頼するでしょう。

私の個人的な希望も、 毎年この状況がいい。
暴落させる素人客は(正直)いらん。賑わいが無い方がBTCは安定して上昇します。

目からウロコが落ちる
目からウロコが落ちる

▼wwbb>ANTENNA blog>テーマ:金融>BSV市場
▼警告
投資は勝率5%、なのに税率66%
BTCは99%損する
BTCは過去10年で今が最強
Twitterナビ>BTC市場
BTCがFacebook(Libra)に勝つ戦法英語版

投稿者: NBB

I am a former Japanese inventor. I decided the destination of migration, but I am not a universal. It is unwilling to move as a general person. As the *** government's response is slow, balance negotiation or bidding will be acceptable. I will show off some of my inventions in Japan with a few remaining days. There are 90 independent countries not polluted by USA spies. There are 90 rivals in your country.Everyone will clearly notice that "He's one sales, it exceeds our GDP."     元日本人の発明家です。移住先は決まりましたが国賓でなく一般人として移住するのが不本意です。**政府からの回答が遅いので、天秤交渉でも入札制度でも許されるはず。残り少ない日本滞留期間に、私の発明の一部を披露します。 米国スパイに汚染されていない独立国は90です。貴国のライバルは90あります。 「彼一人で、我が国のGDPを超える」と誰もがハッキリと気付くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA