コロナ演劇で20ヶ国が計画倒産。破綻明け2020年~2045年の様子

二年前から書いてる同じ内容だけど来月から銘柄の宣伝禁止なので銘柄名を伏せてTwitterを書き直しました。Twitterなら日付の記録は完璧です。このページの予言は、当たり過ぎていて10年後に世界で驚かれるでしょう。
 
Bitcoinを調べ始めた2018年、私の疑問のキッカケはBTC市場の面倒な割り算だった。よりによって「小数点6位の割り算」を世界中に強制してるなんて異常。
そのミステリーは、政治のミステリーと重ねれば簡単に解明できた。 
各国政府の金融緩和だ。紙幣乱発を解決したい目的だと見破った。

今のBTC市場の最少単位は0.000001です。2030年までに世界中すべての通貨を吸い込んだ後で基軸通貨(不死鳥)が1.0なら、2030年以降は割り算なんて不要になりますね。2030年からは通常どおりの単位「1、10、100…」と呼べます。
これを世界支配者が計画してたなら、今6桁の割り算を強制してるのは納得。
 
彼らが元々この「桁の切り替え」を想定していたなら、基軸通貨の交替も最初からシナリオです。私の突飛な予言「基軸通貨の変更」は寝言でなくむしろ必須条件。桁を切り替えるには2代目の基軸通貨が(必ず)必要です。交替させない限り、2030年以降の社会とつながらなくなる。だから私の予言は実現するでしょう。
  

甘い見込みを(絶対)言わない。誰より厳しい予想しか言わない私が、ここまで言うのは「政治の舞台裏」で話し合っている計画が読めているからです。
不死鳥の倍率も、2029年の最終的な価格も、多分両方とも当たると思う。
* 初見の読者は誤解しそう。オカルトの透視とか超能力でなく、私は心理学です。心理学と行動学。学問で「敵の考え」を見破っています。
 

支配者は世界中をキャッシュレス化することが最優先。なのに経済も好調で、金融も好調なら(稼ぐ方法が他にあれば)77億人が一箇所に集まって来ない。
だからコロナ芝居でワザと経済と金融を壊す必要があった。実際には存在してない嘘のコロナ芝居は、デジタル通貨を77億人に強制することが目的です。
信じた人が感染予防で休業や廃業が増えて不安でしょうが今はまだ序章。世界支配者(政治家のボス)は、生活必需品の産業を除いて全産業を潰して全ての会社を倒産させる計画でしょう。まるで頭が狂っています。
世界250国のうち約半数の国は、米国スパイ汚染です。米国支配層の部下であり、操り人形に過ぎない。今こんな事態でも、自民党や公明党を日本人だと思ってる? 戦後アメリカに管理されている「自分は奴隷だったのか」と早く気付かないとね。自民党もTVも新聞ニュースも敵です。自民党に投票する人も、日本人の敵!
 

2030年までに参加する国は順番が違う。初回参加国と後乗りの国で不公平が出ない様に2030年までは不死鳥の桁を落とすことは(絶対に)出来ない。当然ですね。
なのに不死鳥の発行枚数は、2,100万枚と永久に固定されています。
たった2,100万枚に、世界中の緩和マネーが大集合したら1枚いくらよ?
私の予想価格は(夢物語でなく)現実的です。
不死鳥は2030年まで毎年どころか、毎月上がるでしょう。2030年まで年々上がり最終的な2030年の私の予想は、1不死鳥=1億円以上です。
でも2031年1月1日からは世界同時にズドンと桁を落とす計画のはず。それは今の小数点どおり6桁だと思う。2031年1月1日に、1億円だった不死鳥が千円に落とされるが、世界同時なので誰も1億円が千円になったと感じないし、誰も損してない。
と言うカラクリ。かしこいね彼ら。
各国政府が狂った様に印刷した緩和マネーは、ここで帳尻が合うのです。6桁。

2020年の現代で、政府からもらう給付金(Basic Income)で全国民が遊んで暮らすなんて言えば、狂人かと思われます。その狂人発言の財源はこれだと説明できる陰謀家はいなかったから何を書いても説得力はゼロ。
じつは財源なんて簡単です。不死鳥が毎月高騰する。これが手品の種明かしです。
 
=お子様が小学生なら=
・政府からの給付金(不労所得)で、77億人が働かずに暮らす社会になる。
・そんな財源は実際どんな事業でも無理。兵器でも発明でもその額は無理。でも
・金融市場で、唯1銘柄を上げる。これだけで簡単に実現します。
・元々その銘柄は、世界中の紙幣を吸い込む掃除機です。
・世界に1台しかない「緩和マネーの掃除機」だから、そうなる以外ない。
 
=新たな政策を考案=
2020.03.22、この日付を覚えていて下さい。
まだ支配者が実行する前なら「私NBBが考えた政策だ」と言えますね(笑)。
相手の作戦を見破った洞察力と、新たな政策を言った第一声は同じです。
近代政治200年間で、どの政治家も考えつかなかった「素晴らしい政策」は、
まったく別職のプロファイラーが解いたら超簡単な財源(政策)でしたね。
1銘柄を高騰させて給付金のアイディアは、2020年5月以降に実現するはず。
 
=手順も画期的=
現金と違って暗号通貨だからスマホのアプリだけですぐ全国に配れます。1秒で14万人に送れて振込み手数料も0.03円です。さらに不死鳥は毎月高騰=毎月増えるから政府も1回配れば一生分です。2ヶ月目からは配る手間も不要。これは画期的。
日本は不明だけど他国は不死鳥で配るはず。老人には新紙幣です。
財源は簡単なカラクリでした。たった1つの銘柄を上げるだけ。
77億人の生活費は安い安い。言われて初めて「こりゃ簡単だ」と気付いたし
逆にこれ以外の方法で77億人の生活費を捻出できる他の商売なんて無いから、
私の予想は実現するでしょう。世界中の緩和マネーを1箇所に集めて1銘柄だけ高騰=77億人の生活費。しかも世界支配者の希望と、国民の希望が同じだから無理なく実現できます。政治家のボス(世界支配者)も、国民もお互いにWinWinです。
操り人形の政治家に意思は無い政治家なんて見ても無駄だよ、政治SNSの諸君。
 
政治を知らない人が今聞けば誰も信じないでしょう。今後10年の世界計画では、正確には親ロシアの国々を除いて44億人ほどが不労所得で暮らす予定です。
 
=独立国=
親ロシア諸国=自分の意思を持っている独立国は、デジタル通貨を嫌って不死鳥も拒否しています。世界支配者は、言うことを聞かない独立国も誘いたいから、独立国の国民達がうらやましがるほど不死鳥を高騰させて「誘惑する罠」を始めることも、私はお見通し。自国の世論が騒ごうとプーチン大統領には、頑張って欲しい。私も100%独立国の味方です。世界支配層が握る統一通貨に飲み込まれたら、世界は完全に終わり。独立国も消えてしまう。
 
=不死鳥の今の立場=
現状では、不死鳥は民間の**社と民間人の**氏が特許を握ってますが、完成した後はメンテが不要なのがBlockchainの特徴です。だから完成した暁には、彼らは暗殺されて不死鳥を盗まれる結末が濃厚です。世界支配者の手口は毎回暗殺だから注意して欲しい。
私は**社と**氏の特許のままなら不死鳥は賛成ですが、世界支配者に強奪されたら不死鳥は反対です。私自身も最後の最後まで、独立国に逃げます。
 


目からウロコが落ちる
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に。

=外国の友達へ=
親米20ヶ国の同時破産の日は、日本の政治を見ていれば簡単です。
▽破産以外のゴールが1つも無い「異次元金融緩和」を始めた。2013年~
▽2016年~海外送金は国民番号が条件。なぜビジネス送金にも条件が付く?
▽2016年~新規口座の用紙に「政府の要人ですか?」オイオイ、バラしたいの?
▽2016年~盗聴法。電話もメールもSNSも銀行口座も警察が盗聴中。
▽銀行窓口で聞こえた「課長、LoginIDが2個あるのなぜ?」政府用だから。
▽口座・証券・不動産と国民番号のヒモづけが、2019年やっと終わった。
▽2019年新紙幣(渋沢栄一)を通例より5年も早く発表?まだ先と油断させる目的。
▽AML(国際送金の名前を永久追跡)が完成したのも2019年。
▽FATF(証券会社の横移動も追跡)が完成したのも2019年。
2019.12.31~2020.1.4間、全銀行のオンラインを遮断した
この日の残高が、盗む予定額でしょう。全ての準備が完了です。
たとえ私の予想日が外れても、今年中に盗むのはもう疑う余地がない。

平和ボケ/格闘家は、ピンチや攻撃・殺気・気配を感じる高感度アンテナ。 
wwbbアンテナ・ブログNBB>政治:日本で唯一のテロ組織=自民党
▼コロナ芝居の「舞台裏」が見える犯罪プロファイリング捜査
└コロナ演劇の目的は「破産の責任逃れ+貯金強盗+デジタル通貨
└国民に生活費だから「破産は国民のせいだ。僕らの横領じゃない」
└2020年5月~給付金は盗んだ金じゃねーか!元々俺の金だ=政府は出費0円よ
└見破った!これは計画倒産だ「同時破産を約束した20国リスト
└米国植民地20国が同時に破産「2020年~2045年、破産明けの様子
国家破綻に備える財産防衛は2通り(31年前から雑誌で犯行予告)」
▼手口も見破るProfiler
└31年前の犯行予告+コロナ芝居+不死鳥+五輪=貯金強盗に好都合な日 
└五輪は熱狂で騙せる/延期なら政府がウィルス散布=パニック中に貯金強盗
└犯行の手口は「貯金強盗の後でハイパーインフレ
太陽フレア(EMP)で電子記録が0「これは自然現象。太陽が悪い」

 
 

=油断大敵=
不労所得で遊んで暮せるなら最高じゃん、と誤解しないように。 
そうなる前に、世紀のイベントがあります。
国家破綻の備えは2通り
全国民の貯金を盗む計画でいるので、NBBブログを見た人なら貯金を守れても、大抵が一文無しにされた後で、やっと給付金です。しかも我々から盗んだ金で。
私のページで守れた人と、一文無しの人の格差は2030年まで続くはず。

今後の政治の予定。
2020~2030年、不死鳥の高騰で給付金。デジタル通貨と、老人用の新紙幣が並立。 
2030年~紙幣は完全に廃止され、100%がデジタル通貨です。
2030年~今ある250国の政府を次々廃止する。
2040年から2045年頃までに、世界統一政府。

デジタル通貨の次は世界統一政府です。今まで各国政府を演じていた役者のオフィスが、用済みになるので、「フェイク250国」の「フェイク政府」が次々廃止されます。
2020~2030年の間は、米国植民地の約44億人が給付金で暮らします。ところが甘い話には100%必ず裏があります。2040年からは完全な奴隷です。
まだ紙幣とデジタル通貨が共存する2030年までは遊んで暮らせても、世界中から紙幣が消えて100%がデジタル通貨になった後はアウト。2040年頃には日本政府も消えて米政府も存在していない世界統一政府です。この世界統一政府に背いたら、貯金0にされる危険が潜んでいます。
 
私のブログを見て2030年せっかく大富豪になれたアナタの1億円や1兆円でも、世界統一政府に逆らったら1秒で残高0にされるので2040年以降は注意して下さい。
自民党は舐めてもバカにしても平気だけど、世界統一政府だけは逆らえば貯金0です。
私は親ロシアの某国に移住するので心配ないですが、
狂った親米国=日本で暮らす人は注意して下さい。
虐殺前の移住先=世界250ヶ国を比較
皆のために2016年から公開済み。転ばぬ先のNBB。呆れるほど転ばない男。 

未来を次々先回りするから被害ゼロの私も、今回は失敗。順番の予想が外れた。選挙が先だと思っていた。選挙がなく自民党政権のままで給付金なら日本はヤバイ。


自民党政権のままベーシックインカム。まして大部分の国民が一文無しの貧困層に自民党が不労所得を与えるなら、次の選挙で自民党に投票する愚民を減らせなくなった。ここまで悪政をやられたのに、落選させることが難しくなりました。
読者の皆さんの拡散が必要です。
国家破綻の備えは2通り