コロナ病院が遺言を偽造→ 予防策「BlockchainのSNSに遺言を投稿」

各国政府がコロナを演技してる目的は、政府破産と財産没収を正当化する言い訳づくりです。日本人の貯金は(日本政府を偽装した)米国ロックフェラーに盗まれます。没収を防ぐ方法は別ページで伝えましたが、まだ盲点があります。
日本の病院は=民間8割:公立2割です。全国2割を占めるコロナ病院は自民党病院の意味です。濡れぎぬ陽性PCRで病院に隔離されたら、せっかく守れた貯金も終わりです。病院内でアナタの遺言を偽装するでしょう。 むしろ財産没収が目的で言いがかりPCR、濡れぎぬ陽性を今やっているので確率は高い。コロナは、何かから何まで金のためです。
今日はその予防策です。
.
1予防策:永久に消せないBlockchainのSNSに遺言を投稿しておきましょう。これを書いた後なら、濡れぎぬ陽性で自民党病院に監禁された後も安心です。
2予防した効果:むしろ保健所職員に「僕はBlockchainに遺言を書いた後だよ」と伝えればアナタの隔離をあきらめるはず。保健所「こいつを隔離しても、貯金も遺産も盗めない。無駄だ。別の奴をだまそう」
誰にも消せないブロックチェーンに書き込むと言うことは、これだけ絶大な効果があるのです。幸いBlockchainでも、古いSNSと見た目は同じです。色々あるから選び放題で、どれでもOKです。あなた以外は消せません。

強制入院(監禁)される前に、投稿1つで予防できます。個人的には、
・Twitter風の「Powping」あたりが無料だしカンタン。
・金額なしで「何%を誰に相続させる」と書けば有効なはず。    
・投稿したURLを、家族に伝えておく。加えて2つ目のURLで、
・その投稿を証明する「What’s On Chain」に日付やip等が表示されてます。
この2つで、あなたが例えコロナ病院=自民党病院に監禁された後で誰が書き換えようと古い投稿が有効と証明されます。入院後に看護師が意識朦朧のアナタからパスワードを盗もうと、後書きは無効と証明してくれるのがBlockchainです。
簡単ですね。たった1投稿でコロナ監禁後の貯金没収を防げます。
入院どころか検査される前から、保健所に「Blockchainで遺言を書いたよ」と言えばヤル気を失い「コイツは1銭も盗めない。もう検査いいから、帰って」とあきらめるでしょう。今回のアイディアがお役に立てれば。
※手っ取り早さでPowpingですが、家族の氏名など書いた内容は一般公開のSNSです。個人専用で非公開なのはNoteSVです。
※下書き機能にとどめればブログでも何でも記録は残せます。むしろ有料SNSの方が、自分のスマホの財布アプリと関連づくので、さらに信用度UPします。むしろ一般公開したSNSなら最大級の証明を得られます。

紙に書く遺言書なら、各市町村の公証人役場へ提出。

これは、PCR検査を廃止するアイディアです!
「Blockchainに遺言」がもし全国的に流行ればPCR検査自体を廃止に出来ますよ。財産を没収できる対象が消えるので、検査する国民を探すのにひと苦労。「今日もみんな遺言ありかよ!」
問診票も変更されて「症状を聞く」前に「Blockchainをやってる人かどうか」。
国民:病気と関係ねーだろ!
保健所:病気なんてどーでもいいの。財産だ、財産次第でPCRは陽性。

リンク・拡散・転載フリー(c)NeverBornBizman
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に変わる。
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に変わる。

▼学校の教科書よりも正しい、NBB教科書『23年生の世界史』
16世紀に世界中を乗っ取ったのは海賊です。
海賊主義=皆殺し主義=強奪主義=新自由主義。「政治の謎が解けた!」
.
海賊(米国)対スパイ(ロシア)世界の政治は”超”ハイレベル。政治家じゃ無理。
▼海賊とNBBの知恵比べ
└コロナ演劇→ 見破った!これは計画倒産「同時破産20国はここだ」
└日本破産でも→「貯金を守れる秘技2つ」完封
└国民の貯金を没収→「盗むのはこの日」完封
└EMP兵器で世界中の銀行残高0→「鉄の箱で完璧ディフェンス」完封
└コロナ病院が遺言偽造して貯金没収→「Blockchainに遺言で予防」完封
└敵の不意打ちも見破り、余裕で待ち伏せ「紙幣も突然デジタル化」完封
.
.  .
独立国80国なら国民の味方/米国植民地120国は、政府がテロ組織です。ペリー以来150年海賊の植民地。日本人の政治無知は世界156位。「僕は奴隷?」
×政治無知のまま、ニュースなんて観たら危険。敵が言う逆の情報。
×政治無知のまま、SNSを見たら危険。
×政治無知が採決リストも見ないまま投票した? → 96%が敵に投票した
×政治無知なのに、無いコロナで医学?→  11ヶ月も人生無駄にした。
.
政治に必要なのは、樹木希林の右翼です、違っ。危機管理能力です。原型がない。
今回この予防策を伝えたのは皆さんに限らず、政治通もすっかり忘れている法律があるからです。この法律とコロナを組み合わせれば危険極まりない悪法。
 「成年後見人促進法。日本人の死に際は100%強奪する法律」 
この法律の内容は「本人の意思が不安定」なら裁判所が勝手に第三者を選んで、あなたの治療法を”ド素人の彼”が決めていい法律。さらに家族との電話も100%遮断して家族の反論すら裁判所が認めない監禁。彼があなたの財産処分までやるトンデモない悪法です。こんな恐ろしい法律を2016年に決めていた目的は、まさにコロナ病院の監禁が目的だったとしか思えませんね。これコロナ用ですよ。
自民党のボス=ロックフェラーの「コロナ計画書」は2010年に世界に配布したから間違いない。あなたがコロナ病院=自民党病院に監禁された後で意識を失ったり、睡眠薬で失神させられた後は、この成年後見人法で入院後2日で殺して財産没収まで終えられます。
2016年当時の、国会の採決リストです。
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/190/190-0406-v003.htm 
見ず知らずの他人に、アナタの治療法と財産処分をやらせる法改正も、
13党すべてが賛成して、反対してくれのは共産党だけでした。
まさか2016年以降も、この殺人鬼13党に投票した人なんて、いませんよね?
すでに伝えた「日本破産でも貯金を守れる秘技」これだけでは完璧ではなく、遺言を残しておくことが検査も入院も財産没収も、あきらめさせる抑止力です。
▼「成年後見人促進法」この悪法がある限り、
▼政治家がコロナ演技を続けている限り、
▼人口9割殺すコロナ病院が、日本に存在している限り、
遺言は備えた方が安心ですよ。