SNS特有!潔癖ニートの集団ヒステリーは=左翼思想

90年代、インターネット黎明期(2chの時代)は、世間もちゃんと分かっていた。
「ネット民は、 社会人とは明らかに違う」
*ネットは働いてない連中だけ。ニートとマイナス思考が集まる場所。
* どうせ2chの意見だから無視しろ。聞き流せ。
ところが最近はマスコミが劣化したせいで、 社会人とニートを区別もせず報道している。
マイナス思考の集まり=ネット世論を、あたかも日本人の代表として報道している。
マスコミが90年代より劣化した証拠。大衆心理を読めないKYは報道に就くべきじゃない。

=ネット特有の特徴=
・マイナス思考。後ろ向き発言ばかり。
・努力する人、頑張る人を否定する。頑張る人を見たらSNSは皆で足を引っ張る。
・会社員を否定する。
・正論を否定する。 (ドリカム・アレルギー。根性論アレルギー。健全な考えはアレルギー)
・ 実際は存在しないのに 、努力せずに得られる金を探している。
・細かい揚げ足とり。正義警察。ネット民は、些細な話題に神経質。
・細かい事が流せない。小さいことでも許さない潔癖症。(他人に潔癖症。自分には甘い)
・ネット民が、致命的なのは客観性がないこと。自分が変だと気付いていない。
=各種の例を羅列=
×… 京都で放火事件が起きたら、ネット民「京都旅行してる奴は不謹慎だ!」
×… 元金持ちだった投資家が転落して行く人生に、ネット民は大喜び


=名演説=      
これらSNSの「変な人間」を指摘してくれた、アリババ創業者:馬雲氏の名演説。
「貧乏思考。マイナス思考を持ってる人ほど、ネットから動かないし努力しない。」

さすがの説得力。 この動画で日本人に二度目の覚醒が起きたはず。
90年代はダイエット番組が頻発して、世間は「太っている人共通の性格」を初めて知って自業自得と見放した。
今年2019年は、2ch思想(SNS特有のマイナス思考)= 貧困マインドを、世間は知った。そう、ネット民は我々社会人とは違う人種なのです。
=参照=
・「右翼か左翼か陰謀家」 ネット民の正体を知るのに最適。これでネット特有の病理の謎が解けます。
AllAbout「他人の言動にイライラする人が貧しくなる理由。毒を吐くネガティブ人間は一流の人間を遠ざける。」
週刊新潮: 働き盛り世代を襲う「スマホ認知症」の恐怖。
Newsweek: 人がSNS中毒になる理由は「反応の遅さ」と「ギャンブル的要素」。
All About:金持ちが「時間泥棒のSNS」をやらない理由。
NBB: 仕事で優秀な人は、決してSNSに近寄らない。

目からウロコが落ちる

▼wwbb>ANTENNA blog>テーマ:大衆心理学・社会学
▼SNS
右翼か左翼か陰謀家
└ SNS特有!潔癖ニートの集団ヒスは=左翼思想です
 

 
 
現実社会で生きている社会人は、ネット民のような貧困思想は持ってない。
●SNSは情報は得られるが、 見れば見るほど 「精神が衰えて行く場所」だと認識すべき。
さらに表社会は、人間と人間が交わるから、自分の欠点や変化にも気付ける。
●社会人は客観性を持っているが、ネット民は一人だから客観性が無い。些細な事が流せず、神経質な正義感が多発する。自分が異常だと気付かず日々劣化している事に気付かなくなるのがSNSです。 
新聞を見ればマスコミが劣化したのは分かるのが頼むから、SNSを日本人の代表と扱わないで欲しい。または、区別が出来ないKYはマスコミを辞めて欲しいね。