この1ページで2016年=日本の地震が止まった。(日本中を黙らせたページ)

毎日SNSを書いてる目的は、なに?
・アクセスが目的?
・広告収入?
・皆と交流?
・暇つぶし?だから何枚も書いているの?

私は問題を解決する目的。その1つだけ。だからダラダラ何枚も書かない。そもそもSNSを続ける気もない。問題さえ解決できたら今日SNSをやめます。
問題点は必ず1ページで解決します。過去に完全決着させた例。
例: 「人工地震を暴露
例: 「新聞TVの世論調査は100%全社が嘘です
例: 「画像1枚だけで、内閣も秒殺!
例: 誰でも3、4年 間はロスする「真実の新聞さがし」を1枚で決着した
例: 誰でも3、4年間はだまされ続ける「真実の評論家」も1枚で決着した
例: 「投資は99.9%損する
例: 「日本滅亡の結末
例: 「日本にトドメの悪法=憲法改正」 など。
日本の世論を(1枚で)誘導した。同じことを何枚も書く気はない。必ず1ページで完全決着するのが私の特徴。

 
その効果(1)…嘘が通用しなくなった。
国民を偽装している「ネット右翼=自民党のアルバイト」が、2万人で嘘を言っても、
たった1人の1ページで、正しい方向に世論を誘導できた。
 
効果(2)…日本で人工地震が止まった。
誰が書いてもダメだった人工地震。
私が書く前までは狂人扱いされていた「人工地震」この1枚だけで日本中が納得した。熊本地震の被害を見て書いた 「人工地震の暴露」はFB15,000人の共有と、皆が多くのブログに転載してくれたので一気に浸透した。日本中に犯人がバレたので、この記事の後は、人工地震が出来なくなった。

2016年4月20日 「人工地震の暴露」を書いた日。バレた後の、お試し地震は1回限り。
2018年9月6日北海道地震は世論が人工地震一色に染まったので次が出来なくなった。
2019年6月19日新潟山形地震は、 人工地震 がトレンド1位になったほど。否定0人。
もう無理だ。嘘の地震は、通用しなくなった。

=手間は1枚で済む=
読めば伝わるとおり反論の余地がない。 隙が探せないから皆も黙るしかない。
読んだ100%を納得させる論文。
 「人工地震」             → 100%が納得。
 「世論調査は嘘」     → 95%ぐらいかな?
 「画像1枚で秒殺」 → 95%ぐらい?
 「投資は99.9%損」→ 100%が納得。
 「日本滅亡の結末」  → 100%が納得。異論は0人と断言できるレベル。
最も代表的なのは 「日本の結末」 でしょう。ただカルデラを見破った能力だけでは駄目で、実際に他人に伝えれば「お前は狂人か」と一言で終わるトンデモナイ内容です。 この話題を他人に伝えるのは無理。だから反論の余地を1ミリも与えない文章を練り上げた。
カルデラの説明が出来る人なんて日本では(世界でも?)一人もいないと痛感したはず。
あなたの人生の中で、生まれて初めて見る文章です
説得力の域を超えて、文章に恐怖を感じるレベル。ガンジガラメの文章。
どの話題もどの謎も私も書けば終わり。白熱していた議論も止まる=そもそも議論は不要です=一番正確な判断だから。混乱や疑問は消えて頭がスッキリする。正しい答えが分かる。その上問題の解決策も考案して皆に教えてるから、今何をすべきかも分かる。

=世論のアンテナ=
当時一日5万アクセス、1ページにFBシェア3、4万人。JCJK時代は私が書けば日本中が黙った。私に書かれたら決着。もう嘘は通用しない。
日本の世論は私色に染まって行くから 、議論や討論は終わる。
それが「真っ先に気付く人」なら 、今後の世論の動向もここを見てるだけで予想できます。
 
=金融市場にトドメ=
本来は社会に必要ない金融市場と投資も、 「投資は99.9%損」でトドメを刺した。年金が破綻して政府が老人に「負ける投資」を勧め始めたから、この1枚で阻止した。
投資を勧める新聞社に1対1で警告。例:AERAに。日本経済新聞に。日経マネーポストに。WallstreetJournalに。 NIKKEI STYLEに。
投資推奨ニュースに1対1で警告したら7/22以降はニュースが激減
7/25を境に完全に止まった
このページを英訳すれば1410年から609年間続いた金融市場は、滅びるはず。たった1枚の説得力は、ここまで強烈。
むしろ私には、こんなイカサマが600年も通用したのが不思議で、金融は一体どんな低レベルな客が見ていたのか?600年間で一人ぐらい気付かなかったのかが私は不思議。
そもそも投資の勝率が何%かなんて、ちょっとネット検索すれば誰でも探せる答えです。戦後70年間、出版界も新聞社も評論家も一体どこを見て何を書いていたのか?
×金融に関する出版物……約6万冊。 
×投資に関する出版物……約18万冊。 
×金融・投資ニュース……毎日50×365日×戦後70年間=約127万記事。 
×金融のTVニュース……NEWS番組で毎日、市況を報道している。  
 
評論家、アナリスト、ブロガー。彼らの数千ページは、私のたった1ページで消えるでしょう。TV局も新聞社も、滅びる金融ニュースは不要になる。
 
参照ページ: 「SNSをやっている7千万人の教科書
  
 
 =読者の皆さんでなく、プロには苦言=
JCJKを見てプロは「死ぬほど反省」すべきだ。自民党の憲法改正について憲法学者や弁護士30人~50人が何百ページも書いたが、学者は無力だった。
●憲法に関しては 「私の1枚」 が、日本の中心地になった。
●金融に関しても、経済評論家もアナリストも無効にする「この1枚」でトドメを刺した。金融や投資で、今まで何億冊を売った?
●人工地震も、科学者や地震学者が書いてもダメだった話を 「私の1枚」で皆納得した。
●大学の論文サイトも効果なし。人工地震なんて今まで何冊の書籍を発売した?
● プロが何ページ書いても国民には伝わらず、(阪神淡路から21年間)何をしてた?


=学者は何が欠けているか?=
面倒なく、1枚で決着させるには分析力+判断力+表現力。
1、誰よりも真っ先に気付く人が、
2、世論が脱線しないように、正しい判断を代行してあげて、
3 、強烈な説得力で書くから、1ページで済む。
結果的に世論を、正しい方向に導くことが出来た。
わざと嘘を言う職業「自民党のアルバイト=ネット右翼」は論外だが、
政治に限らず、別のテーマを書いても私の1ページが「日本の中心地」になった。

=プロにアドバイス=
恐らく1と2は、学者も出来ているはず。分析力と判断力は申し分なくても、学者に欠けているのは表現力です。説明+説得力=表現力。
(自分では分かっているのに)それを他人に伝えるのが下手。だから伝わらないし話題にもならず尻すぼみで終わってる。それは出版しなかったのと同じ状態です。
せっかく気付いている貴方が、表現力が未熟だったせいで、阪神淡路の人工地震からの21年間で「何百万人の命」が 失われたか? あなたの未熟さで 人が死んでるんだよ。
その点だけは身を切るほど反省して贖罪すべきだろう。