社会学…ネットやSNSに賢者はゼロ

2019年3月の政府統計で、引きこもりニートは約105万人です。
家庭のネット普及率は93%だから、引きこもりの93%はネットに繋がっている。 
まして暇つぶしの道具=SNSも彼らにとって最適な遊び場となっていて、多忙な会社員ならSNSなんてやってる暇がない。仮に、 
●若くて時間に余裕がある平社員とか、 
●有り得て主任までならSNSの中に混じっているかも知れないが、係りの長となった係長なら決して。ましてや課長や部長がSNSを書くなんて誰なら思えますか?
そう。賢者はSNSをやりません。SNSは暇つぶしがしたい若年層が集まる場所です。

社会学:SNSは賢者ゼロ。いるなら無言のROM賢者。

=社会学=
インターネットもSNSも賢者は皆無。SNSは若年層が暇つぶしを楽しむ道具です。
この前提は、社会学として必須!
知らないと、毎日見ているSNSが日本人全体かと誤解してしまう。ネットの主流は、社会では下層なのです。
 
=SNSの最上級も主任=
SNSで皆から尊敬を集める「物知り君」も、賢いわけでなく単なるHDDですよ。
物知り博士は、会社に入社すれば一番下です。会社で求められるのは物知り(HDD)ではなく、かしこさ(CPU)です。ましてパソコンやネット検索できる時代に、物知り君なんて無用の長物。
物知りの価値は、PC普及前の90年代まで。
近々AIと賢さを競っても勝てる社員以外はリストラ対象なのに。博識は30年前の価値観。
 
情報中毒ネット民の無力さがハッキリ証明された教訓が、2019参院選です。ネット民が常に自慢する「TV層は愚民だ。何でも知ってる僕らSNSは物知りだ」。
その結果、
SNSを見ない層50~80代の8割が正解だった=共産党と社民党に投票した。
SNS層の97%が山本太郎党に騙され改憲議席を96%に増やし日本を滅亡させた。
山ほど情報を見ても、「自分で考える頭」がなかった象徴的な教訓です。
逆に正解だった50~80代が凄かったのはたった6%しかいない正解を見抜いたこと。日本の議席は「偽装野党が94%で本物は6%」しかいないのに、6%から選べた賢さ。
SNSを騙すのは簡単。SNSは選挙後でも、正解者は3%しかいません。↓↓↓

 
つめ込み教育の王者=東大生、官僚はinputだけのHDD。 
つめ込み教育の王者=記憶力がすごい人=HDD。
情報中毒のネット民も、inputだけのHDD。 
必要なのはCPU=自分で考える賢さです。 

 

▼情報中毒の解決法。※就職する以外ないのだが
└ 「つめ込み教育の王者=東大生はHDDです。JCJKはCPU
└ 「仕事は知識か能力か
└ 「弱点0、歴代最強ヒョードル(サラリーマン)になる方法
 
 

目からウロコが落ちる

▼wwbb>antenna blog NBB>テーマ:社会学
▼ネットの大衆心理をプロファイリング
ネットやSNSには賢者はゼロ
└ ネット特有の心理「マイナス思考」
└ ネット特有の心理「 潔癖左翼の警察ごっこ」
└ 政治SNS>右翼か左翼か陰謀家
  
 
▼国民を偽装している自民党ネット工作員「ネトウヨ」をprofiling捜査。
▼試合前に敵を分析
ネトウヨの正体
ネトウヨは10通り
ネトウヨの心理を分析
ネトウヨの裏の顔
ネトウヨの歴史
ネトウヨの見分け方
見破れないネトウヨ(情報速報.com)
本物ID ←→ 自民自演ID
▼ネトウヨ壊滅作戦
└ 日本一「余命3年ブログ」を撃沈
└ 日本で二位「なでしこりん」を撃沈
ネトウヨ撃退ツール 

=マスコミも誤認=
マスコミも評論家も、小泉首相時代から20年以上も働いた事がないので、今や記事が幼稚すぎて、分析力も大学生か高校生レベルに落ちています。日本の三流マスコミも同じで、SNSを日本人全体の世論と(本気で)思い込んでいます
実は90年代までの新聞記者なら分析が出来ていた。ちゃんと働いていた90年代の記者なら社会人とネット民を鮮明に区別できていたのです。
90年代のマスコミは優秀だった。
「ネットは働いてない連中のたまり場。ニートと、マイナス思考だけが集まってる場所。 」
「どうせ2chの意見だ。無視しろ。聞き流せ。 」
働かないと人間ここまで劣化する典型的なケースが、日本の三流マスコミと評論家ですね。
情報の発信元が幼稚園児なら、受け取る客(国民)まで混乱する。今の新聞TVはあまりにKYニュースばかり多いから、社会人とSNSを区別できない三流マスコミのために、本来は必要なかった小学生向けのページを書きました。
 
日本の三流マスコミ対策で、国民の解決策。
日本の真実ニュースは500社中たった16社だけ
このページを、手軽に
友人知人に拡散するための画像。

明治クーデター以来150年、政府も報道も在日朝鮮人が握っている。

この2つで、すべて解決。