BSVのビジネス機能。<かんたん最短1枚で。わかるブロックチェーン>

暗号通貨は記録メモつきの通貨です。それだけで現金よりはるかに便利ですが、従来の銀行やクレジットカード等と送金能力を比較します。
  
=送金能力=
SWIFT(銀行と銀行の国際送金2日~4日間かかる。手数料2千~3千円。
暗号通貨>BTC…7件/秒 ←(1秒で7人が限界)。2019年の平均手数料87円
暗号通貨>ETH…15件/秒 ←(1秒で15人が限界)、手数料4円。2018.7.20時点。
暗号通貨>XRP…200件/秒が実測で自称1,500件。手数料9.7円。2019.6時点。
ペイパル450件/秒。手数料3%~6%。2018.11時点。
クレジットカード1,500~2,000件/秒。業種次第で手数料1%~10%。
暗号通貨>EOS…3,000件/秒、、2018.7.20時点。 
暗号通貨>BSV…140,000件/秒。送金手数料0.03円。2020.2.4時点。
※世界中の全ての決済を処理するには5万件/秒で足りるのに、BSVは近く数百万件/秒に拡張予定。10年後の目標は30億件/秒でVISAカードの46,000倍に到達する。
※品質で2位のEOSは決済できない特殊な銘柄なので速くても無意味。EOSの優秀な開発者たちは今年BSVに移籍したので、多分EOSは停滞か頓挫

年間拡張率もBTCは+1%、BCHは+6%、BSVは+500%(年5倍ペース)で拡張中。
  
=2025年からは送金無料=
地図やSNSや広告仲介料など多方面から収益が入るBSVは、送金シェアを獲得するため2025年以降は振込み手数料は完全に無料化する予定。もう銀行は勝てません。
 

=SWIFTの限界=
資料出展「CoinPost」「CoinDesk」「CoinTelegraph」。
銀行の国際送金は着金するまで2〜3日後。手数料は通常2,000円前後だが4,000円以上の場合も。これを2020年中に30分以内が目標です。例え速度だけ速めても現金の外貨をバケツ・リレーは無理なのでツケ扱いが現金の宿命。SWIFTがXRP経由したりJPモルガンの「IIN」で即時決済でも外貨の移動は宿命。結局はキャッシュレス化するまで現金の遅延は解決しない。
  
 =BSVの機能=
DrivePay…BSVが銀行を助けるために開発。銀行がSWIFTのままBSVに相乗りできる。
RelayX…米ドルと同額に固定されているBSVの子供コイン。
Zwei…日本円と同額に固定されているBSVの子供コイン。
Amleh…Goldと同額のコイン。政府使用を想定。LAYER2 TechnologiesTwi
BSVから二次的に派生させた通貨でどの国の政府も自国通貨を簡単に運用できます。
今デジタル通貨で各国政府が議論してるのは無駄です。200国政府が自分の頭で考えず、素直にBSVで発行した200種類の法定通貨を使えばSWIFTなんて不要になると言うオチ。 IMFや各国政府の白熱した議論は、まるでコントですね。
教訓「人間が考えそうな事なら全て含んで遥かに上回っている」、それが発明です。ここまで気が利くライト博士なら、犯罪プロファイラーでも警察より優秀でしょう。
  
=BSVのTokenized
Blockchainの商用機能はすべて網羅した「業務用のプラットフォーム」。
株・債権等の金融商品、果てはポイント、航空券、入場券まで低コストで発行できる。
銀行用SWIFT、証券用FIXに代わるツールまで搭載。
Tokenizedで行政機関がパスポート・市民権・入国ビザも発行できます。
MoE国家間の貿易をサポートするツールまでBSVが準備済みです。もう只者ではない事は誰の目にも明らかですね。

=企業向け=
MetaNet…今のinternetは廃止されて、BSV内部のMetaNetに引越し。1年目で400事業が稼働中。さらに従来の「htmlのJavascript」に相当するJigで、企業も一般人も簡単にBSVをカスタマイズ出来ます。企業がdatabaseを組んでいる手間を、Blockchain式サーバーでなくす目的です。世界統一サーバーになる予定。
UNISOT…システム開発(ERP)世界一SAP社と提携。社内もIoTで自動化。
 
Tokenized>店舗向け=   
showPOS…BSV決済を導入できるPOS端末を店舗に無料配布中。実演動画
showPay…店舗決済は、NFC非接触、QRコード、顔認証に対応。
2019年からはBSVのままでBTC払いBCH払いを実現。しかも本家より高性能だから他4,999銘柄が存在する意義がありません。
Amazonの決済料2~3%も、BSVを採用
すれば0.11円(今の0.1%)で済みます。
  
  

肉眼で見てもedyやSuicaより速い。ハードよりもネットが速いなんて常識破り!

ASCIIの記事より、 
スタンフォード大学経営大学院2019年9月調査「ブロックチェーンの活用事例」。  
導入済み業種は=金融、農業、環境エネルギー、医療、本人確認、行政サービス。
他にも、特に盛んなのが大規模産業:航空業界自動車産業家電製造業など。
* データの記録と検証用で(47.3%)。 
* 支払と送金で利用(39%)。
* 自動契約で利用中(1.8%)。
ETHが老舗だから業務用で今の主流。(1秒で15件だけ)送金詰まりが起きるETHでは、Blockchain最大の強みである自動契約が1.8%しか使われていなかった。
ASCII編集部が知識不足から疑っていたトレイサビリティー(食品偽装の解決で流通履歴)は、BSV以外の銘柄では無理です。IoTで現実社会のマシンとBSVが繋がり自動入力されるから人間はデータ入力作業が不要になるのです。
=消費者側=
野菜の単純な流通ルートだけでなく、BSVなら加工食品の含有量まで表示できます。例え薬の成分がマイクログラム単位でも1錠あたりの成分が(製薬メーカーの仕入れ値の割り算で)価格と完全一致するのです。もちろん各社の在庫までBSV台帳が把握しているからです。グリホサートを何リットルまいた畑で育った野菜か、無農薬野菜かも区別できます。
     
「やっと納得!ブロックチェーン」
ここまで読めば台帳の部分がどれほど重要か伝わったはず。単なる決済の通貨コインだけなら従来のデータベースで素人でも簡単に作れますよ。Blockchainとは通貨機能よりも、台帳(メモ機能)が優れてこそ真価を発揮します。重要度は「通貨1:9台帳」です。
従来のLinuxサーバーでデータベース形式(PHPやJSP)で作っても規模が限界で止まるが、Blockchainはデータ分散型で身軽だからこそ、本体システムだけを無限に拡張できるのが強みです。業界を私が一年観察して他4,999種類は10万人や100万人が使う前に止まってしまうレベル。77億人が同時に使える規模なのはBSV以外ありません。
正直、他社(4,999社)はここまで本気で作ってなかった。皆もう勝てないと悟ってますね。
 
「世界統一の台帳になることがBSVの目的です」GoinGeek。  
皆さんの疑問「1つのシステムで世界中のデータを保存? 77億人が1つで決済?」
BSVが無制限に拡張できる理由は、並列パラレル計算だからです。簡単に言えばBSVは(ハードがいらない)スーパーコンピューターなのです。
 
 

BSV制作チームです。  

  
  
技術革新の預言者:ジョージ・ギルダー氏(経済学者)。
▼テレビ全盛の次の時代
▼パソコン革命の次の時代
▼ブロードバンド革命
▼スマートフォン革命の次の時代は、こうなる!
2019.5.18発刊、『 グーグルが消える日~Blockchainの登場でBigDataは滅びる

BSVのライト博士(左)と、ジョージ・ギルダー氏。
2019年Blockchain大賞はBSVが受賞。当たり前過ぎるほどの唯一神。
ライト博士「誰も予測できないような未来を作りたい
それを予測するのが私の職業ですから。相手の動きを先回りするのが格闘家、(兼)犯罪プロファイラーの仕事。

目からウロコが落ちる
目からウロコが落ちる

wwbbアンテナブログ NBB>テーマ:金融
▼人類の転換期、BSVワールドが始まる。
└「BSVと2045年の未来社会」 (8ヶ国語版
└「無人仲介BtoC=SNS投稿で稼げる」BSVが電通もGoogleも、捏造ニュースも改善
└「無人仲介BtoB=BSVのビジネス機能
└「無人仲介BtoG=BSVは公務員・政治家・政府を倒す」(執筆中)
└「無人仲介BtoP=開発者向け/国内保有400人/ 30年前の暗号
└「BSVはLibra(Facebook)に勝てる」 (8ヶ国語版
└ BSVの機能解説なら日本でツートップ@shu_BSVさん、@kenshishidoさん
└「BSVの買い時予報」2019年は百発百中!
└「2020年BSV伝説が開幕」 

 
 
Blockchainを初心者向けに優しく説明すると、
1つの支払いに「多数PCが集まって来て目撃証人→ 自動契約→ 支払い完了→その履歴を多数PCに分散させて永久に保存」することです。
多数PCのHDD(ブロック)が、鎖のように繋がっている履歴だからBlockchain。
プロバイダーや中央管理人を経由させず、何しろお金だからISP企業すら信用せず疑って、末端のパソコンとパソコンを直接つないだP2P通信だし、人間が関わらない自動記録だし、同じデータを世界各所に分散させてダブリ保存したから、人間が改竄できないピュアな記録を残せる様になりました。
最適なのは政府の公文書。国会の発言、裁判記録や証言、個人の履歴書など。
※よくある誤解。「一度記録したら二度とごまかせない」のは事実ですが、それは全ての更新を保存し続けているからです。もともと見せる目的のSNSやホームページなら、今までどおり何回でも修正や変更できます。

HDD記録とBlockchain記録の違い。この鎖の先端部分に、(PCでも出来るけど機能を絞った)マイニングマシンが、世界中から集まって来て、支払いの目撃証人になったり、新規ブロックを作ったりします。
 

=セキュリティー=
世界に散在する数億台の中から、今回の取引の目撃証人だった20台~30台を特定したり、同時に侵入して世界中を書き換える??なんて無茶な曲芸です。ハードを狙っても大変だし、データを狙っても追い付けない計算だから、盗む気にもなれない。
これがデータ分散型です。
かたや
中央集権型のGoogleやamazonや政府や銀行のビッグデータでは一箇所のハッキングで丸ごと全部を盗まれる。両者の優劣は明らかです。 Blockchain記録ならPCの乗っ取りとかサーバーに侵入。ハッキング被害なんて遠い昔し話になるのです。
消えるのはGoogleだけでなく、
皆さんのPCのHDDも消えますよ。近未来はHDDを持たず、ネット上のBlockchainに直接書き込む方式です。
理解しやすいのは、
ネット上のスーパーコンピューター1台を77億人で使ってるイメージです。
今まで業界もマスコミも、直訳のまま「分散型台帳技術」と呼ぶから世間に伝わらなかった。2019.12.8私が勝手に命名。BlockchainのDLTとは「 データ分散保存 」
この呼称なら世間にも伝わるでしょう。
もっと簡単に理解させるには「無人化技術」です。これがベスト。業界人の記憶から「台帳」とか言う言葉は外してリセット。
業界「Blockchainとは分散型台帳技術です」 → 理解されずに11年が過ぎた。
NBB「Blockchainとは無人化技術です」 。11年目のキーワード。
こう呼べば、全国の会社が殺到するでしょう。

初心者の入門編。
Blockchainに関しては専門書を何冊も読むより、この1ページが分かりやすい。
最短の文章。余計な文字が無い。

https://wwbb.me/us/nbb/simplest-description-of-blockchain/
皆が理解するまでの学習時間を短縮。効率化しました。

投稿者: NBB

I am a former Japanese inventor. I decided the destination of migration, but I am not a universal. It is unwilling to move as a general person. As the *** government's response is slow, balance negotiation or bidding will be acceptable. I will show off some of my inventions in Japan with a few remaining days. There are 90 independent countries not polluted by USA spies. There are 90 rivals in your country.Everyone will clearly notice that "He's one sales, it exceeds our GDP."     元日本人の発明家です。移住先は決まりましたが国賓でなく一般人として移住するのが不本意です。**政府からの回答が遅いので、天秤交渉でも入札制度でも許されるはず。残り少ない日本滞在期間に私の発明の一部を披露します。 米国スパイに汚染されていない独立国は90ヶ国。貴国のライバルは90国あります。 「彼一人で、我が国のGDPを超える」と誰もがハッキリと気付くでしょう。

「BSVのビジネス機能。<かんたん最短1枚で。わかるブロックチェーン>」への6件のフィードバック

  1. Blockchainを活用して「人数最小限の政府」を実験しているエストニア政府では
    人口1億人なら政府(公務員は)100人で統治できる試算でいます。
    人口100万人あたり公務員1人で足りるのです。  
    これだけ素晴らしい技術が、なぜ日本で浸透しなかったのか?
     
    日本でBlockchainが全く伝わらず無視され続けた原因は3つ。
    (金融で)=大暴落したBitcoinで「ギャンブル」の悪い印象しかなかった。メモ機能があると世間は知らなかった。
    (SNSでも)=皆の話題は「通貨」「コイン」「支払い」だけで、メモ機能を語る人が少なかった。
    (業界も)
    (マスコミも)=直訳のまま「分散型台帳技術」と呼んでいたから、世間に伝わらなかった。
    11年間伝わらなかった分散型台帳技術とは「データ分散保存」です。
    もっともっと簡単に言えば「無人記録」ですよね。「無人レジスター」であり「無人銀行」のことです。
    「無人仲介」だからお金に限らず、SNSを含む様々なジャンルの無人化に貢献しています。
    社会の幅広い理解のために私は「無人化」でいいと異論を唱えたいが、
    今でも業界は「無人取引所」のことを「分散型取引所」と呼んでいます。これじゃあ伝わらない。

  2. これだけ革新的な技術なのに日本で(11年間)世間に伝わらなかったBlockchain。
    高い技術力は抜群に向いていたのに日本はBlockchainで世界の後進国になった。
    先行優位に立てるか/国家が11年も出遅れるかを左右したのは技術者でなく、
    説明役だった。と言う苦い教訓です。
    確かに(1)今と変わった内容。(2)複雑で広範囲。(3)何かを説明すると何かが抜ける。
     
    誰も説明できない内容。
    に関する説明ならお任せ下さい。
    ・憲法学者も弁護士も(誰が書いても駄目だった)憲法改正は、このページで国民に伝わった。
    https://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12122464670.html
    ・(誰が書いても駄目だった)人工地震も、このページで国民が納得した。世論が180度変わった。
    https://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12151494627.html
    カルデラ計画を見破ったことよりも、
    カルデラを「 他人に説明できる人 」なんて探せない「仰天話」。仰天話なのに、すんなり納得。異論なし。
    https://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12279280870.html
    誰が書いても11年間ダメだったBlockchainの説明。このページも、その一貫です。
     
    =業界人へのコツ=
    ・マイニングとかトランザクションとか書かずに歩み寄ること。PCで出来るからPCでいい。取り引き/支払い/分散型も違う、無人化です。
    ・深堀りしないこと。丁寧さよりも、客の関心が大切。
    ・文頭は興味をそそる項目で釣ってから、面倒で退屈な説明は最後にする。あの最後の説明が文頭なら、客は帰ったよ。
    ・機械の説明なんてナンセンス。興味を引くには「未来社会」「新しい世界」。この最大のメリットを織り交ぜないと退屈な文章で終わる。
    ・書く目的から違う。頻繁に何ページも書くのはアクセスが目的だから。それは情報が散らばって客には迷惑。
    ・私はアクセスはどうでもいい。1枚の名作を残したい。長年読まれ続ける1ページ。
    ・舞台役者の技術=「満腹回避」の鉄則。観客を満腹にさせないこと。全部見せたら興味を失って次の興行に来なくなる。それは格闘技でも同じ。世界一強い選手が分かったら、次の興行から客席はガラガラになる。だから観客を満腹にさせたら駄目。
    ・寸止めして「もっと知りたい」「自分で調べたい」と学習意欲をわかせる程度で、筆を止めること。
    これは特別でなく、会社の広報部や広告担当者なら日常的にやっている業務です。
     
    逆に、スケールが壮大すぎて、本文に載せるのを止めた項目もあった。
    現実社会の機械やデバイスをIoTでBSVに繋げる台数は(2019年時点で)5,000億台。
    https://twitter.com/shu_BSV/status/1157510697233702912
    事実だが書けば信憑性を失うと予想できたから、載せるのを控えた。

  3. 週刊ダイアモンド「ブロックチェーンが世間から評価されない理由」
    https://diamond.jp/articles/-/226870
    ブロックチェーンは、不特定多数の人々が共同で管理することで信頼性と透明性を確保したデータ台帳です。参加者みんなで同じ台帳を保有して一斉に更新することで、「リーダーがいなくてもデータに矛盾が生じない」という合意形成のアルゴリズム(仕組み)になっている。
    ブロックチェーンは「自律分散型」であるという点も革新的。
    一般的な管理形態(組織や国家や通貨発行の仕組みなど)は、中央に一番偉い人がいて、その人に情報や権限が集中する。上意下達で命令が伝えられて組織の隅々までコントロールしていた。いわゆる中央集権型、ピラミッド型のヒエラルキー構造です。例えば国家なら大統領や首相、通貨なら中央銀行、組織なら社長がその一番上(中央)にいる仕組みです。
    ブロックチェーンは全く違い、誰かが一番偉いということはなく、みんなが平等にネットワークに繋がり情報台帳を共有し、みんなで情報を共有して、その情報の信頼性を保証するという形です。ブロックチェーンが効力を発揮するのは、決定する権力を分散させる場面です。これはリゾーム状の民主的な組織。
    ブロックチェーンの長所は3点。「共有しても改竄されない」「トレーサビリティーを担保できる」「誰でも価値流通の仕組みを作れる」。過去からの情報の積み重ねなので学歴詐称対策、農作物のトレーサビリティー(安全性)、アート作品の売買などで活用。

  4. ブロックチェーン活用事例」。
    住友生命が医療保険で(自社←病院←顧客)。
    三井信託が相続資産の一元集約で大手金融機関13社と連携。
    JASRACが音楽作品の著作権管理で。
    スポーツ選手のドーピング検査歴をBSVに永久に記録。(言わばトレイサビリティの人間版)
     
    https://jp.cointelegraph.com/news/google-cloud-partners-with-enterprise-blockchain-platform-cypherium
    サイファリウム(Cypherium)が、グーグル運営クラウド「グーグル クラウド プラットフォーム(GCP)」で、企業向けのBlockchainを展開。数千トランザクション/秒の実現が目的。PC兼モバイル対応。

    世界38ヵ国で事業展開する総合人材サービス企業ランスタッド社が、サイフェリウム(Cypherium)を用いて業務自動化を選択した。「グーグルクラウドとサイフェリウムの組み合わせは我々にとって理想的。自社で構築したり、他アプリをインストールしたり、メンテナンスする心配が必要がない。数回クリックするだけで果たせる。」

    中国でのブロックチェーン活用事例まとめ:Coinpost
    ・請求書の現金化、買戻請求権を放棄した信用状の現金化。
    ・SME・大企業・金融機関の3者間で請求書データなどを共有。迅速な融資。
    ・農産物、著作権、知財などのデジタル資産を形成。
    ・重大疾病に対する給付金。

  5. 「書き換えられないと言う特徴がブロックチェーン技術の本質。」CoinDesk
    https://www.coindeskjapan.com/2970/
    Blockchain政府のエストニアでは公文書の改竄は出来ない。イギリスの公文書管理機関ナショナルアーカイブもまた、公文書の正確性を証明するため、ブロックチェーン技術を用いる実験の検討を始めた。
    Blockchainが変えるのは、
    1、価値の流通・ポイント化/プラットフォームのインフラ化
    2、権利証明行為の非中央集権化の実現
    3、遊休資産ゼロ・高効率シェアリングの実現
    4、オープン・高効率・高信頼なサプライチェーンの実現
    5、プロセス・取引の全自動化・効率化の実現

    これは報道の歴史に残る文言。
    https://twitter.com/CoinDeskjapan/status/1232261556290736128
    >ブロックチェーンとAIを組み合わせると社長も労働者も存在しない会社が生まれる。驚くかもしれないが技術的には可能だ。
    そう正しい。だから私の予言↓
    https://wwbb.me/us/nbb/this-century-no-1-stock-bsv-bitcoin-satoshi-vision-for-biginners/
    「BSVにAIを乗せれば世界統一政府になる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA