5/5も5/9も無事→ 盗むまでエンドレス警戒

世界支配層が日付をズバリ指定して犯行予告した5月6日の惑星落下は、前兆1つすらなく平穏だった。その穴埋めに最適な3日後=テレビが大騒ぎしたから警戒して皆が身構えた5月9日のロケット落下も無事だった。
となると貯金を盗むEMPは、太陽フレアで襲って来るでしょう。
貯金を没収しないまま、政府の借金1200兆円が「勝手に消える甘い話」は100%ありません。盗まないと政府が(自分が)破産です。向こうは世界中の貯金を一気に盗めるEMP兵器を持っています。世界中を盗めるのに(気が変わって)あきらめると思う?
盗まれるまでは永久に終わりません。この警戒はエンドレスです。
8/17~8/20グレートリセット会議の前までは両替えせずに、GoldかBitcoinのままで監視を続けましょう。日本円を持たないこと。円さえ持ってなければ平和に安心して暮らせます。
むしろ逃げ遅れて貯金防衛を終えていなかった人達には今回は命拾いです。8/17前までに日本円をGoldかBitcoinにしておけば世界中が停電から回復した後でも、貯金が消えている心配はありません。EMPでも/惑星でも/ロケット落下でも/一ヶ月の停電でも、財産が消えないのが金貨と暗号通貨です。

拡散コピー転載フリー (c)NeverBornBizman
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に変わる。
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に変わる。

wwbbアンテナ・ブログ NBB >テーマ:政治>破産対策
└ 1/1の予想「日本破産=貯金を没収される日を見破った
└ 5/9の予想「5/5も5/9も無事。盗まれるまでエンドレス警戒
└太陽フレアで貯金残高0「これは自然現象。政府は盗んでない
└「日本破産が間近。貯金を守れる2通りの防衛策
└ NBBが推奨する世界最強のディフェンス技術です「コールドウォレット」 。
憲法改正で日本が独裁国になろうと自分から暗証を言わない限り、独裁政府でも盗めないのが「コールドウォレット」です。

時系列で、世界支配層の犯行予告を並べると、
1988年「週刊エコノミスト誌」…不死鳥コインが誕生する2018年の後、世界中が大暴落した時に、世界をデジタル通貨に切り替えます。
2020.6.27号「週刊エコノミスト誌~次の災害」太陽嵐で世界中が停電。

2020年10月世界経済フォーラムも「太陽嵐で世界中が停電」

NASA「太陽フレアで大規模停電する確率が12%」
(手口を太陽フレアでなく惑星落下に変更)
2020.12.25ノストラダムス「5月6日に惑星が衝突して世界中が停電」
2021.2~ディスカバリーchで「ノストラダムス」シリーズ放映。
2020.12.25 ババ・ヴァンガ「2021年は5と100の数字と、たくさんの0が見える」→ 「5/10に貯金残高は0になっている」の意味か?
(予告もなく、降ってわいて来た中国ロケット落下)
5/9 制御不能になった中国ロケットが落下。
.
▼世界経済フォーラムも二転三転。
会議の議題を「グレートリセット」と発表したのは2020年6月
毎年1月開催なのに、5/25開催に変更したのは2021.1.15
5/25を、8/17開催に再び変更したのは2021.2.3
5月開催がベストの季節だったのに、8月開催なら南半球は真冬です。冬に長い停電なら相当の死者を出しそう。
.
▼貯金没収日は8/8(日)。この8/8から8/17まで世界規模で停電が続くでしょう。