グレートリセットも大量死も、貯金没収も同時に発生

コロナ発生2020年1月から(それは信じず)貯金没収だけを警戒して、政府が盗む日を皆さんにアラートし続けました。最初は私も日付が分からず、いつ盗むのか365日警戒し続けましたがコロナ後2年を経て、海外の報道を分析するとどうやらずっと先の、2030年の様です。
そうです。グレートリセットと同じ年です。すべてが同時に襲って来るようです。これは厄介ですね。
※参考にしたソースは後述しますが先に、簡潔に結論だけ。
.
=盗む方法=
方法は以前から伝えていた通りです。『太陽フレアを偽る停電芝居』で、世界中の銀行残高がゼロに消える手口です。実施は2030年の予想
=デメリット=
国ごと破産でなく世界一斉だから逃げ様がない。日本人も世界79億人も同時に盗まれます。世界同時だからおそらく? Bitcoin以外の逃げ道だった金貨などは2030年より前までに法改正で無効化されるでしょう。
=メリット= 
これも以前から伝えてた通り、200ヶ国の政府・官僚・政治家が消える時期。これも2030年で同時。消滅は200政府に限らず、世界の支配階級も消えて、amazonやGoogle等のグローバル企業が消える時期も同時2030年です。支配階級は世界同時に消されるから日本会議も統一教会も、政府のバイトも2030年に消されるのでしょう。ざまあ。
=結末=
これも伝えていた通りです。世界中の市民が自国政府を嫌って市民革命が起きて、各国の市民は喜んでBitcoinに逃げ込みます。このBitcoin革命が実際は罠で、世界統一政府(無人のAI政府)でしたと言う結末です。
生き残った5億人は「邪悪な支配者から開放された。政府や管理人はもう1人もいないぞ」と安堵してBitcoinを語る”無人のAI政府”と共に暮らして行くわけです。
つまりBlockchainのDAO組織ですね。これはモロにDAOですよ。納得。
※この自国政府への怒りと自由を皆に希望させる目的で、憎悪メラメラ芝居従順テストを(今)やってるわけです。「もっと憎んで政府倒して」

analysis_as Fedor

甘い見込みは決して言わない。誰より厳しい予想で「最悪の場面」に備える私ですが、もしも?(この部分は、このページだけの世界初のスクープです@2021年)  
もし仮に、 NWO=世界統一政府がPoW銘柄によるDAO組織であるなら、世界政府は古くから噂された完全奴隷とは180度違います。意外と理想的な統治かも知れませんよ。まあ支配層なんて信じてないし期待してませんが、PoWでDAOなら良い政府です。世界政府をPoWのDAOだと確定していいのなら、結果は良くなるだけで悪化させられません。
.
=人口は5億人=
世界人口は今79億人。2025年頃までに1、2割ほど減りますが、残りの74億人も始末する時期も同時です。人口は徐々に減少でなく2030年に一斉です。同じ太陽フレアで大量死も発生する様です。太陽フレアは実際なく政府の演技だから真相は、5G電波を利用してワクチン接種者を殺害する予定でしょう。
具体的に:体内の細胞に、5G電波で自傷命令を送信します。それが免疫暴走か心臓発作かは不明ですが電波だから地球全体をカバー。60億人でも70億人でも政府には簡単です。噓なのに、歴史の教科書には「太陽フレアによる放射線障害で74億人が死んだ」とか書く予定でしょう。
すべてが同時です。起こる時期は、すべて同時2030年を計画してる様です。断片的に知っていた個々の事象がすべて同時に発生するとは、私も意外でした。


以上が、敵の攻撃を先読み。未来予想でした。
以下はディフェンス=その防御策と対処法です。

=対処法>命=
未接種の人に5G電波は無効だから安心ですが、ワクチン接種者なら2030年に殺人電波を浴びます。これを防ぐ方法です。
太陽フレアは嘘ですが例え本物でも頻発はしない単発の現象です。だから政府が太陽フレアを演技し始めたり、NASAからアラートが出たら、電波を遮断できるアルミホイルをかぶりましょう。すき間なく全身を覆えば、ワクチン接種者であっても5Gの自傷命令を受信せずに済むはず。これだけ歴史的な規模の太陽フレアだから、事前にNASAがアラートしない訳がない。日付は必ず予報するはずです。
=対処法>財産=
Bitcoinをオフラインで保管できるColdwalletなら財産を守れます。唯一不安だったBTCの暴落も、近くBitcoinでドルコインが誕生するので難易度は下がり、初心者でも安心して買える様になるでしょう。
=対処法>普段の経済活動=
ドルコインで日常的な支払いを、社会に普及させておけば(オフラインでも払えるのだから)貯金没収の当日も、当日が過ぎた後でも、何ら変わらぬまま経済活動を続けられます。自分1人だけが貯金を守ろうと、スーパーも八百屋も魚屋も無事でないと結局はあなたも暮らせなくなり(ひと月後には)一文無しです。2030年まではまだまだ長いので普及は無理ではないはずです。
※BTCファンは役に立たない「金の話題」ばかり書いてないで、BTC決済の普及を頑張らない限り、守れた自分も一文無しですよ。周囲が一文無しなら、電子ゴミを誰も受け取ってくれません。
=食糧の確保=
インフレと食糧不足も到来しますが、その対処法は長文になるので別紙にまとめます。以上です。
.
注釈:犯罪プロファイラーは、日本の警察30万人に皆無です。世界中で百人前後しかいません。本場FBIの犯罪プロファイラーが(政治にも)詳しければ、政治の未来を予想できるでしょう。 

(c)NeverBornBizman。拡散・コピー・転載ご自由に
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に変わる。
目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界に変わる。

wwbbアンテナブログ NBB >コロナ演技の目的は財産没収
貯金を守れる方法は2通り
↓ 五輪前「没収日は7/23だ
↓ 五輪延期で「没収日は4/29に繰り上げだ」 ヤバイ不意打ち。皆盗まれる。
↓ 安倍辞任で「没収日は10/25~11/3間
↓ 正月休み延長で「没収日は12/31
↓ 世界情勢から「没収日は5/6が濃厚
↓ 中国ロケット落下で「没収日は5/9
WEF
リセット会議を延期したから「没収日は8/8で間違いない
私は早く気付き過ぎました。まさか皆にバレた後で盗むとは。
没収日は、はるか遠い2030年
貯金没収は太陽フレア(自然現象の建前)で演技するから世界同時なのは確実ですが、日本だけは念のために2024年の新札切り替えの日も警戒しましょうね。
.
.
コメント欄に補足説明
└「アルミホイルで電波遮断
└「回顧録
└「参考文献と、私の解釈
└ 最終的には無人政府 「過渡期のNWO代行
└「没収日の気配を追跡」←今後も加筆します。

_________後日追加、4/27
政府から訂正ニュースが出ました。
4/26 朝日新聞「総務省、太陽フレアの最悪被害想定を公表」
4/27 読売新聞「100年に1回の太陽フレアに警戒を」
太陽フレアは実際なく政府の演技で、噓です。とは言え実施日の訂正は信憑性がありますね。これはだます目的じゃない。2030年と予想していたのを否定したいダマシNEWSではなく「最大活動期は2025年頃」と言う部分は総務省の判断でなく、NASAからの情報だから軽視できません。
だからこのNEWSに対する考察は、
(1)海外報道と私が予想していた2030年ではなく、実施は2025年かも知れません。または、
(2)一発本番なら噓臭いから、2025年に弱めで演技して信用させて本番はやはり2030年に盗む気かも知れません。
どちらにせよ早めに準備しておけば、例え来ても来なくても抜かりはない。
まとめると本命は2030年、NASAの予告は2025年、日本に限っては新札切替えの2024年も注意しましょう。

「グレートリセットも大量死も、貯金没収も同時に発生」への5件のフィードバック

  1. =回顧録=
    今振り返ると、私は早く気付き過ぎました。コロナ騒動直後から
    「貯金没収は、世界中まだ誰も気付いてない時期に盗むぞ」
    「必ず、”不意打ちで”盗むはずだ。」
    「バレた後で盗むわけが絶対にない」と真剣に身構えました。特に2020年のGWとか。神経ピリピリで1年8ヶ月を過ごして結局盗まないから拍子抜け。
    コロナ後2年が過ぎて、ノロい海外のNEWSでも最近はチラホラと貯金没収を言い始める様になりました。各所の情報を私なりに精査してみると、実施は2030年の様です。
    まさかここまで遅いとは。
    まさか世界中にバレた後で盗むとは、私は(1%も)思ってませんでした。皆さんも同じで誰も思いませんよね。


  2. =アルミで電波を遮断=
    4Gであれ5Gであれ電波は、安いアルミホイルで簡単に遮断できます。皆さんも試しに、携帯電話をアルミホイルでくるんで電話をかけてみれば圏外で「本当に繋がらない」と確認できます。
    だから今の内から、2030年の殺人電波に備えて
    自分の身長サイズの棺おけをダンボールなどで作って外側をアルミホイルで包装してその日に備えた方がいいかも知れません。そのボックスの中にスマホを入れて電話してみれば電波が遮断されているか漏れるかが分かります。
    太陽フレアに関しては、不意打ちは出来ない。ほぼ間違いなく事前にNASAが予告するはずだから、その日さえ過ぎれば安心できるはずです。
    .
    _________後日追加、5/20
    去年からチラホラ臭わせていた「サル痘」のニュースが、5/20からTVでも頻発し始めました。コロナ演技の第二弾をこの「サル痘」でやる気でいる様です。となると2030年の太陽フレアで大量死の前に、死者が億単位になりそう。これは相当深刻です。
    上述した対処法は「一日限りの太陽フレア」を想定したものだから有効ですが、もし感染症を装う電波攻撃なら、いつなのか対処に困ります。もし「サル痘」を本気でやる気なら事態は相当深刻です。
    https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1528374138309517312
    https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1528576504061231104

  3. =進捗状況を観察=
    今後も、政治的な操作を観察して行きます。
    .
    4/26 総務省「太陽の活動期の次回のピークは2025年頃」、2030年ではないと否定。
    5/27 米FRB副議長「デジタルドルの立ち上げには5年かかる」、なら2027年の意味。
    2021年のキャッシュレス決済比率は32%。政府目標は2025年までに4割。なら2025年は無理で2030年の意味。
    6/7 政府が”骨太の方針”に台湾紛争を明記。5年以内に(2027年までに)防衛力を抜本的に強化すると明記。
    NaturalNewsは信じていいけど、著者がMike Adamsなので一部はマユツバです。
    6/24 ドルに代わるBRICSの新基軸通貨をプーチンが発表「ブロックチェーンで金を担保にした中国のデジタル人民元です」
    ロシア、中国、インドが世界の経済的リーダーとして台頭し米国は崩壊する。100ヶ国以上が米ドルを否定する計画を6/27(月)に発表する。
    太陽フレアで続報が頻発。
    6/13京都新聞、6/20ScienceTimes、6/21NHKニュースウオッチ9NHKラジオニュースFNN日経サイエンスITmedia NEWSニコニコニュースケータイWatch、6/22 TBS
    6/21 総務省が「宇宙天気予報」の報告書を発表。11年周期の太陽活動が活発化する極大期に現在向かっている。今回のサイクルは記録史上最強のものになる可能性がある。その後「2030年には太陽が眠りにつく」との予測。活動の極小期は2019年12月で以後再び太陽活動が活発化。2025年7月頃に極大期を迎える。2025年7月頃に、巨大な太陽フレア(太陽面爆発)が起こる可能性がある。被害の低減は困難なのでリスクを最小化する備えが必要である。対策をしていない場合は、通信や放送、無線、GPSが2週間にわたって断続的に途絶する最悪のケースも。110番もネット接続も困難に。情報通信研究機構(NICT)が太陽天気予報を観測中。


  4. =WHO改NWO=
    これはTwitter限定で伝えていた内容ですが重要なことなので、太陽フレアとは別に覚えていて下さい。
    「最終的にはWHOこそが、世界統一政府になる結末」
    10/1、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1443763943235751946
    10/1、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1443773990481186817
    10/2、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1444079724410507265
    10/2、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1444300809466900486
    10/2、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1444207458369433600
    10/2、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1444102550899212291
    10/6、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1445667549266386946
    10/6、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1445695474204217351
    11/28、https://twitter.com/NeverBornBizman/status/1464911339415998467
    去年10月にアメリカ政府の行動から、私が推理して連投で伝えましたが、翌年5月になって海外の記事も出ました。
    「WHOが世界政府になる」
    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2217488.html
    やはり濃厚そうですね。
    でもWHOを世界政府にする場合はこれは人間の管理に過ぎず、太陽フレアではないから77億人を同時ではない。最後は2030年だけど2030年より前から、個人単位や国単位で(2024年から徐々に)WHO管轄に移動させると言う意味。
    だから結局は2030年頃?に太陽フレアは世界一斉にやるしそこで貯金を没収するけど、太陽フレアの前から(人間に関してだけ)WHOが並行して行う予備的な措置でしょう。2024年頃からWHOが世界人口の*千万人→ *億人と徐々に飲み込んで行き、最終的には2030年頃?に太陽フレアで、地球市民全員を丸飲みすると言う計画でいるのでしょう。
    ※並行してBitcoinの件。
    2030年の先の未来として、世界統一政府は(WHOとか関係なしに)無人のAI政府になることは「政治の台本」で決まっています。だから2024年から2030年までWHOが主導したとしてもそれは一時的です。最終的には「無人のAI政府」になるわけだから、BlockchainのDAOで世界人口を管理するわけです。「です」と断言していいのか分かりませんが、世界人口を無人で管理する技術としては、現在Blockchainしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA