五輪は歓喜で騙せる/延期なら恐怖で騙そう=コロナ悪化させて<4月29日>が予想日

English, Spanish, Chinese, Arabic, French, Russian, German, Japanese.
  
親米20ヶ国が「同日の同時刻で」約束し合ったはずの計画倒産。
その直前に、国民の貯金を盗む日。Xデーの予想は二通り。

五輪開催なら(歓喜で騙せるから)連休の初日=2020.07.23(確実!)

五輪延期なら(コロナパニックで騙す以外ない)連休の初日2020.04.29(多分?).
大勢を騙すことを第一優先と考える犯人が、日付を選ぶならこの2通り。
連休が明けるまで気付く人数を最小限にしたいから、政府は連休初日を狙うはず。

急遽オリンピック延期が決まった。
IOC委員「延期は決まった」USA today3.23 
日本が五輪延期を発表:Yahoo! News3.24
こうなると破産するチャンスはGW前しかなくなった。私は急ぎます。最終判断はご自身で。
 
敵は180度ガラリと作戦を変えてきたぞ。歓喜で騙して銀行強盗でなく、恐怖で騙して銀行強盗する以外なくなった。だから今後、日本でコロナパニックを悪化させる計画でしょう。
まるでテロ政府だね。共謀罪だよ。自民党は米国CIAがつくった政党だから当然だが。
それ以前に明治時代から、在日朝鮮人ヤクザに入れ替わったテロ政府だから当然。

=敵のフェイント=
五輪の延期は急な方針転換でなく、最初から台本だろう。五輪の最中に破産なら、Xデーを見破るのが簡単すぎる。五輪スケジュールを発表した(当日に)私も簡単に解けた。私に限らず誰かが、いつかはXデーを見破ったでしょう。
政府は見破られて
準備されたら困るから、騙すためのフェイント日程だったはず。最初から。

=1年間の猶予は長すぎる=
異次元緩和を始めた2013年から誰でも「日本は破産だ」と気付いていた。その破綻する手口を監視してた私はウィルスも候補の1つだったがウィルスでなくカルデラだと思っていた。
カルデラ爆破すれば世界中に火山灰と放射能だから、貯金を守れる人は世界で0人。
ウィルスなら破綻の前に余裕で準備できる。カルデラ爆破なら誰も余裕がない。
彼らが今回「ウィルスを選んだのは変だな」と疑問だったし、五輪までのXデーが長すぎて変。貯金を守る準備に1年間も余裕をくれるのは「優しくて変だ」と思っていた。
1年前から簡単に見破れた五輪あり破算→ 財産を守るのに1年間で余裕。
破算するひと月前に急に五輪なし破算→うわっ、守る準備に1ヶ月しか残ってない。 
「彼らが騙したい心理」は後者なら納得できる。私が犯人なら確かにそうする。

=発言の矛盾=
国民から金を奪う政治以外は(過去1回も)やってない政府。国民に1円たりとも払わなかったケチな政府なのに「国民に、毎月ずっと生活費を5月から払いますと言った。おいおい、
有り得ない発言だ。それ墓穴だよ。死んでも払わない性格なのに「払います」なんて自費じゃないから(安心感から)ついつい、絶対に言わない言葉を言ってしまった。これでバレた。教えてくれて有難う。
「1回でも嘘を言えば、他の嘘がバレる。」彼らは親から教わってなかったらしい。  
やはり、貯金強盗のXデーは4月29日が高確率です。
3/27、 JRがゴールデンウィークなのに逆に223本を減らす事を決めた。 もろバレ。
3/29 、トランプ大統領も「接近距離の制限は4月30日まで延長する
3/30、メキシコ大統領も「非常事態宣言は4月30まで。」
やはり、貯金強盗のXデーは4月29日が高確率です。 
私は大急ぎで準備しますが、最終判断はご自身で。年内は間違いなさそうだから例え日付が外れても早めに備えを済ませれば、いつ起きても安心です。

=まとめ=
犯罪プロファイラーが、犯罪者の行動の矛盾を分析して解いた貯金強盗に最適な日は、
2020.4.29_00:01~08:59 (UTC+9)日本時間。それは、
2020.4.28_15:01~until ? (UTC)イギリス標準時刻。
2020.4.28_07:01~until ? (UTC-8)アメリカ西海岸時刻。  

Attack targeted by the enemy.

=前兆で検算=
先日までオリンピック開催を前提とした予想日なら、日本株・国債・日本円の投売りが起きる現象で未然に見破れたが、今回もその前兆は同じです。さらに今回は新たな二個目の前兆が加わりました。 五輪なら歓喜で騙す/五輪延期ならウィルスの恐怖で騙す以外にありません。だから今後、自民党政府はウィルスを大量をバラまいて、テロを悪化させるでしょう。
日本で唯一のテロ組織=自民(銀行強)党にとってのゴール、貯金を盗むXデーに向けて、
(日々)感染者の数が増えて行くからバレバレです。
(日々)都知事と首相の猿芝居が大袈裟になって行くので、背筋が寒くてバレバレ。
(日々)県や都の封鎖が増えて行くのでXデーはバレバレ。そして盗む直前には、
テロの主犯が「緊急事態だ。銀行は禁止」と言うから、盗む日はモロバレです。
だから五輪ありの場合より前兆が数倍もバレやすくなりました。 間抜けですね。 
1回目の嘘を言ったから日付がバレたのに、
懲りずに2回目も嘘の上塗りをしたから、進行ペースまでモロバレになった。 
親の教育がかなり悪かったらしい。「嘘は必ずバレる」「嘘は敵を利する」

五輪開催なら騙すネタは色々あって私も読めなかったし、前兆も金融だけで不安。
五輪延期なら騙す方法はウィルスのパニック1つ以外ない。猿芝居のエスカレートで、テロ組織が貯金を盗む日は小学生でも見破れる様になりました。ありがたい。嘘は墓穴。

※拡散リンク歓迎、転載NG:(C) @NeverBornBizman 

目からウロコが取れて、コンタクトレンズをつけた視界
目からウロコが取れて、コンタクトレンズを付けた視界

=外国の友達へ=
親米20ヶ国の同時破産の日程は、日本の政治を見ていれば簡単です。
▽破産以外のゴールが1つも無い「異次元金融緩和」を始めた。2013年~
▽2016年~海外に資産移動は国民番号が条件。なぜ?納税後の貯金だよ?
▽2016年~新規口座の用紙に「政府の要人ですか?オイオイ、バラしたいの?
▽銀行窓口で聞こえた「課長、LoginIDが2個あるのなぜ?」政府用だから。
▽口座・証券・不動産と国民番号の連結は、2019年やっと終わった。
▽2019年新紙幣(渋沢・北里)を通例より4年早く発表?油断させる目的だ。
▽AML(国際送金の名前を永久追跡)が完成したのも2019年。
▽CFT(証券会社の横移動を把握)が達成したのも2019年。
2019.12.31~2020.1.4間、全銀行のオンラインを遮断した。
この日の残高が、盗む予定額でしょう。全ての準備が完了。 
予想日が外れても2020年中に盗むのは、もう疑う余地がない。

平和ボケ/格闘家は、ピンチや攻撃・殺気・気配を感じる超高感度アンテナ。 
=コロナ演劇の「舞台裏」が見える犯罪Profiling捜査
コロナ演劇の目的は、破産の責任逃れ+貯金強盗+デジタル通貨 
└国民に生活費だから「破産は国民のせいだ。僕らの横領じゃない」
└2020年5月~給付金は盗んだ金じゃねーか!元々俺の金だ=政府は自腹0円。
└「国家破綻に備える財産防衛は2通り(31年前から雑誌で犯行予告)」
└31年前の犯行予告+コロナ芝居+不死鳥+五輪=強盗に好都合な日 
└五輪は歓喜で騙せる/延期なら恐怖で騙そうコロナ悪化させて(4/29が予想日)
  ↓この期間の予想に限っては↓私は確証がない。読めない。
4/29後は本物を大量散布。奴隷が無一文を諦めるまで監禁生活=数年?数十年?
  ↑この期間の予想に限っては↑私は確証がない。読めない。
└見破った!これは計画倒産だ同時破産を約束した20国リスト
└親米20国が同時に破産。「2020年~2045年、破産明けの様子
  
 
まだ日付に不安?
不安になる心理は、能力をスコアで可視化するwwbbを見てないからです。
世界で数十人しかいない職業:犯罪プロファイラー。私の場合は警察の経験はないから自己流。相手が狙ってる「次の攻撃」を見破る格闘技の経験から習得。
就職前に14年間、意識もうろうの最中でも必死で相手の考えを見破った格闘家。
本職のプロファイラーは就職後22才から、机の上で犯罪心理の本を読みました。
どっちが上? 天と地だよ。
犯罪を行う彼らにしろ商売を行う私にしろ、すべての仕事に共通する項目です。
一つ一つに採点して比べれば「彼に勝てる人は世界中にいない」と誰でも分かることだ。77億人どころか、歴史の偉人たち全員に採点してみて。あなたの背筋は凍るよ。
彼以上がいないと驚く人は、まだ未熟です。 たった一つの項目すら、歴史の偉人じゃ勝てないと驚くのが、会社の人事部や採用・人事査定の経験者。
世界で誰も見破れなかったカルデラ計画すらも見破った77億分の1人です。頭が悪い世界支配者が、何をたくらんでも毎回私にバレていることが、実力の差が違いすぎる証明です。世界支配組織の「脳みそ丸見え」in Japan。
 
考えが未熟な世界支配者が今開発しているAI(人工知能)も、私以下の下々が考えた二流品ですよ。世界支配組織なら二流AIや三流のポンコツAIしか作れない。
人間の思考回路に関してなら、私が設計するAI以上の品質なんて無理です。未来永劫。
犯人が上か、私が上か?
これが予想日の正解率です。今回ばかりは皆さんも自分で再考したりせず、大急ぎで準備を終えた方がいいですよ。
 
English, Spanish, Chinese, Arabic, French, Russian, German, Japanese.